リスティング広告:コラム

広告文作りの大切な考え方

リスティング広告は「検索結果の画面に好きな広告文を載せる事が出来る」?というのも
特長の一つですが、広告文を考えたりするのは結構大変な作業です。
もちろん皆様は各分野の専門家でもあると思いますので、リスティング広告で集客したい
商品、商材、サービスの特長は知っているはずですが、文字数制限がある中で
サービスを紹介するのはやった事のある方であれば、頭を悩ませた経験もあると思います。

リスティング広告の広告文の作り方というのは、ガイドラインに則っていれば特にルールは
ありませんが出来ればコンバージョンにつなげたいものです。

「これ」という正解はありませんが、以下の点は頭に入れて広告文を作ると効果的です。

・広告文に入札したキーワードを入れる
・ユーザーに具体的に「何をして欲しいか」 を広告文に入れる
・訴求ポイントを絞って広告文に入れる
・ユーザーの視点で広告文を作る

「入札したキーワードを入れる」というのは、キーワードとの関連性も高くなりますし、広告が表示
された時、太文字で表示されるのでクリックが促されます。

「何をして欲しいかを広告文に入れる」というのは、例えば『資料請求はこちら』や、
『ご相談下さい』等の事です。

「訴求ポイントを絞って広告文に入れる」というのは、アレコレと特長を詰めこみ過ぎず、
他社の広告文と比較して、これは負けない!というものを広告文に入れていくとユーザーから見て
比較しやすく、結果としてサイトに来てほしいユーザーを誘引する事が出来ます。

「ユーザーの視点で広告文を作る」というのはサービスを購入していただくのはあくまでも
PCの前で検索しているユーザーの方です。
どんなによい商品、よいサービスでもユーザーの方が「これいいな!」と思うような広告文に
する事が重要です。

上記以外にも、広告文を作るポイントは多数ありますが、リスティング広告の広告文の効果は
定期的にテストを繰り返す事によって良くなっていきます。
広告文を考えるのは本当に大変で面倒な作業ですが、様々な訴求ポイントや言い回し、
伝え方をテストしていくのがベストな運用方法です。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。