ꥹƥ󥰹

ブログアーカイブ

蓄積されるデータを大切に

仮説と検証を繰り返してコンバージョン率の改善を

コンバージョンが思うように獲得出来ない時の確認点

A/Bテストの結果はターゲットユーザーに見てもらえているという前提で

コンバージョン数をより伸ばすためにキーワードを育てていく

仮設を立てずに改善するというのもアリ

リスティング広告が表示されない時の原因とその対処法

他社はターゲットのどこに目を向けているのか

部分一致と完全一致 それぞれのメリットとデメリットを理解する

コンバージョン数が少ない時の効果測定法の一例

コンバージョンのキーワードの一つ「安心」

リスティング広告で大きく失敗しないために

予算を適切にコントロールする

お問い合わせのレスポンスは早い方がいい

検索クエリはこまめに確認を

ユーザーの検索意図を考えてキーワードの選定を

ニーズを先読みした広告文を

クリック数を増やしたい時の注意点

部分一致を使う時はその特徴をよく考えて

再訪という観点からウェブマーケティングを見直す

訴求軸から広告文を考える

アクセス解析でユーザーを知る

ユーザー像を想像してキーワードをひろげていく

広告文内に社名やブランド名を入れるか入れないか

リスティング広告の運用担当者は事業の責任者との意思疎通を

競合他社が多いからダメだということはない

状況に合わせて適切な数のキーワードを設定する

機会損失を極力無くしてコンバージョン数を増やしていく

本物のターゲットユーザーを見つける

コンバージョン数が減ってしまった時の傾向と対策