ꥹƥ󥰹

ブログアーカイブ

計画を立ててからリスティング広告を開始する

競合調査は自社の商品やサービスを適切に選択してもらうため

リスティング広告は改善ありきで

コンバージョンのハードルを下げるという考え方

あたり前のことが差別化になる事もある

パフォーマンスが悪いのに外せないキーワード

キーワードを選ぶ際の基本的な考え方

真のターゲットユーザーとは?

予算を寄せて効果の最大化を目指す

リスティング広告は自社とそのお客様の事を知ることから

然るべき場所に広告を出しているか?

遠方のユーザーに対して広告を出す際の心理的な障壁と対処法

本質を理解してリスティング広告で集客をおこなう

リスティング広告はコンバージョン数ではなく売り上げを伸ばすためのもの

あまり認知されていない商品でリスティング広告をおこなう場合の注意点

ターゲットユーザーはより明確に

質の良いコンバージョンを獲得するためには?を考えていく

広告の設定はターゲットユーザーに向けたものに

うまくいっている時だからこそ、その要因を考える

思い込みから機会損失を生まないように

正確な数字よりも大切なこと

ターゲットユーザーを想定し、仮説→検証を

広告以外の改善箇所に目を向けてみる

自分でレポートを作ることで見える事もある

月末の予算不足に注意

広告予算の使い方や効率を考える

手の広げすぎには注意が必要

ターゲットユーザーに見てもらうからこそ見えてくるものがある

なぜ広告グループを分けるのか?を考える

競合調査を自社の施策に活かす