ꥹƥ󥰹

ブログアーカイブ

広告の設定はターゲットユーザーに向けたものに

うまくいっている時だからこそ、その要因を考える

思い込みから機会損失を生まないように

正確な数字よりも大切なこと

ターゲットユーザーを想定し、仮説→検証を

広告以外の改善箇所に目を向けてみる

自分でレポートを作ることで見える事もある

月末の予算不足に注意

広告予算の使い方や効率を考える

手の広げすぎには注意が必要

ターゲットユーザーに見てもらうからこそ見えてくるものがある

なぜ広告グループを分けるのか?を考える

競合調査を自社の施策に活かす

プロセスも大切に

“リピートするお客様”を意識したリスティング広告

リスティング広告がうまくいくと感じるケース

ネットユーザーを理解して改善に役立てる

売れない原因ではなく、買えない原因を考えてみる

リスティング広告で集客するための柱の探し方

コンバージョン数を増やすための着目点と改善策

クリック率に対する考え方

困ったら原点に立ち返る

商品やサービスの理解を深めることが大切

アクセス解析はまず「何をしたいのか」をハッキリさせてから

表面的な数字を見るのではなく、その奥にある理由を見つける

コンバージョンの取れているキーワードを改善して効果的なアカウントへ

競合他社がいない所はどこなのかを探してみる

思い切った施策も手の一つ

コンバージョンを取るためのキーワード選定

テストマーケティングの際は目的によって予算の使い方を考える