ꥹƥ󥰹𡧥

リスティング広告運用の考え方」カテゴリーアーカイブ

業界内のあたり前がユーザーのあたり前とは限らない

検索傾向の季節変動を考える

インパクトの大きな部分に集中投下していく

欲しがっていない人に商品を売ることが出来ない

リスティング広告の特長をより深く理解する事で改善が進む

話を聞かずに予測数値を出すのは難しい

絞り込む前に今一度考えてみる

リードを集めるキーワード選びと広告文作り

調子の良い時だからこその施策を

ユーザーの選択肢の中に入る事を意識する

適切にユーザーを誘導する事でお問い合わせ数を増やすことが出来る

改善施策は”今後どのようにしていきたいか”から考える

リスティング広告の醍醐味は継続してこそ発揮される

根拠の無い思い込みは機会損失に繋がる恐れも

困ったら原点に立ち返って考えてみる

“無料だからハードルが下がる”は間違い

良い広告アカウントとはどのようなアカウントなのか?

機会損失の改善からコンバージョン数を伸ばす

予測値にこだわり過ぎないことも大切

1度きりのタッチポイントを大切に

鉄は熱いうちに打て

買う意思の無いユーザーにクリックをさせないために

ユーザー目線のリスティング広告運用を

出てくる指標と目標はまったく別に考える

リスティング広告の醍醐味は継続してこそ発揮される

ニッチでも考え方次第で勝つチャンスが生まれるリスティング広告

数字の変化に着目する

1つのコンバージョンの価値を高める

早急に結論を出すのは危険

ターゲットユーザーを想定して仮説、検証をする