ꥹƥ󥰹𡧥

カテゴリー別アーカイブ: 競合他社

競合調査で自社の伝え方を考え直す

競合他社が多いからダメだということはない

競合調査は自社の商品やサービスを適切に選択してもらうため

商標登録している/されている語句に対する対処の仕方

あたり前のことが差別化になる事もある

競合調査を自社の施策に活かす

競合他社がいない所はどこなのかを探してみる

競合他社を徹底的にマークする

意味の無い競合調査はやめよう

コンバージョン数を増やすためならば手段は選ばない

競合他社との違いを見つけて、それをきちんと伝えていく

自社の魅力的なサービスや商品を必要な人に届けてあげるんだという気持ち

この中で一番いい広告が競合他社になる

リスティング広告は後発組でも不利ではない

競合他社が多いと悩んでいる人は競合他社がいないところを探したらいい

競合調査をする事で得られるモノ

ユーザーから自社の広告はどう見えているのか?

やり方次第でまだまだ効果的に活用できるリスティング広告

一番上位を目指すよりも大切なこと

真似をしたところでオリジナルは超えられない

敵のいない状況を作り出す

リスティング広告における簡単な競合調査

まず”ターゲットユーザーの選択肢に入る”という考え方

他社ばかりに目を向けずに

パフォーマンスが落ちてしまった時に見るインプレッションシェアの損失率とその改善方法

競合調査をすると自社に足りないものが見えてくる

他社の裏をかくという戦法

競合他社が多い場合にはアイデアで勝負していく

比較検討されやすい媒体だから競合他社を意識する

競合他社と戦わずに済む場所を探してみる