リスティング広告:コラム

自社の強みについてもう一度考え直してみる

リスティング広告を出稿するときに「自社の強みを出して伝えていきましょう」というような事はよく聞かれると思います。

他社との違いや自社の強みを出していき差別化することで自社の商品やサービスを選んでもらいやすくなるのだと思いますが、ユーザーは他社との違いや強みなどのメッセージを読み理解をしても、その意味を100%鵜呑みにするとは限りません。

インターネットである商品の購入しようと思い、いろいろなネットショップを見てまわり検討している時に、すごく安いお店があったとします。

よそのお店と比べて安いなと思った時、その安さの理由は何なのか?と気になりますよね。

「保証がきかないのではないか」「付属品が付いていないのではないか」と値段の安い理由を無意識のうちに探してしまう方もいらっしゃると思います。

その安さの理由がきちんと書いてあり、内容も合理的で納得できるものであればその商品の価格を受け入れる事が出来ますが、そういった理由がない場合、またはあったとしても理解のできない理由であったら、「この商品には何か欠陥があるのではないか」と疑心暗鬼になってしまう事もありますよね。

特にその強みが大きければ大きいほど訪問したユーザーも「本当かな?」という気持ちになります。

そのために、きちんとその強みに対する裏付けも合わせて伝えていき、ユーザーに納得してもらうという事も非常に重要だと思います。

安さを伝えているのであれば、その安さの理由を、スピードを重視しているのであればなぜそのスピードで出来るのかという理由、商品の品質やサービスの質を伝えているのであれば、ユーザーレビューやお客様の声のようなコンテンツ、というような特長や強みと合わせてその理由や裏付けを出す事が出来ると、ユーザーの反応も変わるのだと思います。

強みを伝えるという事に関して、売り手目線での「強み」では、読んでいるユーザーは反応しません。

きちんと買う側にとっての有益なメリットとして伝える事が出来なければ、その強みに対して反応しないばかりか、「なに言ってるんだ!?」と思われてしまう可能性もあります。

ただ気を付けなければいけないのは、あくまでも買い手の目線、ウェブサイトを読むユーザー目線での強みの伝え方をしなくてはいけないという事。
自社の商品やサービスの「強み」だと思っている部分はユーザーの目線で見て、「これは本当に強みなのだろうか?」という部分も検証していく必要がありますね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 競合他社   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。