リスティング広告:コラム

部分一致をうまく使った運用法

リスティング広告では様々なターゲティングの設定をすることが出来ますよね。

自社で狙っているターゲットユーザーに対して、「これはターゲティングとしては必須だろう」と思えるものもあれば、設定をする際に迷ってしまうターゲティング設定もありますよね。

例えば、”キーワードのマッチタイプをどれにするか?”という問題。

リスティング広告は、その入札するキーワードに対してどの範囲まで広告を表示させるかによって、完全一致、フレーズ一致、絞り込み部分一致、部分一致とそれぞれ設定することが出来ます。

完全一致は文字通り完全に一致しなくては表示されないマッチタイプなので、ターゲットユーザーの相違がなくなるというメリットがありますが、幅広くリーチすることが出来ません。

部分一致は、部分的に一致していれば広告が表示されるため、幅広くリーチをしていく事が出来る反面、ターゲットではないユーザーに対しても広告が表示されてしまう可能性が高まります。

キーワードのマッチタイプをどれに設定するのかというのは、そのキーワードの性質(役割)やアカウント内の他のキーワードとの兼ね合い、リスティング広告を運用する目的によって変わってきますが、部分一致は「無駄な広告費が多く発生しそうだから」と敬遠する方も多くいらっしゃいますよね。

まさに、部分一致にするデメリットは、この「無駄な広告費が多く発生する可能性がある」という点なのですが、これは除外キーワードの設定や広告文の工夫により、ある程度抑えていく事が出来ます。

除外キーワードとは、「このキーワードが含まれていた時には広告は表示させない」というような事が出来る設定のことで、部分一致や絞り込み部分一致など、広くリーチ出来るマッチタイプを用いるときには必須の設定とも言えます。

この除外キーワードを適切に設定することが、部分一致を成功させる秘訣です。

さらに広告文では扱っている商品やサービスの利点を伝えていく事はもちろん、キーワードにもよりますが、「この商品は何なのか」、「このサービスはどういうものなのか」という基本的な情報も伝えていく事が出来ると、誤クリックを無くすことが出来るので無駄な費用を抑えることが出来るようになるかもしれません。

キーワードのマッチタイプを部分一致にすることで、幅広くリーチ出来るという事は先ほども書きましたが、この”幅広いリーチ”の中にもコンバージョンユーザーが多数含まれていることがあります。

「もうこれ以上ないだろう」というくらい多数のキーワードを使ってリスティング広告を運用していても、検索クエリレポートを見てみると、入札していない検索クエリばかりコンバージョンになっているなんてこともよくあることです。

無駄なクリックをさせない、無駄な費用を使わないために完全一致などのマッチタイプを設定したい気持ちもよくわかりますが、私は個人的には部分一致によるメリットのほうが、それを上回ると考えていますので、部分一致をうまく使った運用法も実践してみてはいかがでしょうか。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。