リスティング広告:コラム

Googleアドワーズ、Yahoo!リスティングのどちらにするか

お客様がリスティング広告をはじめるときに「アドワーズとYahoo!リスティング、どちらに出稿したほうがいいと思いますか?」というご質問をよくいただきます。

結論から言うと、「両方やる」に越したことはありません。
なぜならば、検索エンジンシェア、男女比、年齢層などの構成はともかくとして「日常的に両方の検索エンジンを使っている人は少ないから」です。
何か情報を探そうと思い、検索エンジンでキーワードを入力し検索してみました。
仮にヤフーで目的の情報が得られなかったからといって、グーグルで同じキーワードを入力し検索するでしょうか。
多分、情報を得られなかったときはもう少し違うキーワードを考え同じ検索エンジンから再検索するのではないかと思います。

そのことから、片方の検索エンジンにのみリスティング広告を出稿するということは、もう片方の検索エンジンユーザーをバッサリと切り捨ててしまう→その分機会損失が発生する、ということになります。

それでも予算の都合上などで片方の検索エンジンにのみリスティング広告を出稿をしたい!と言われた場合、どうするのが良いのか。

一番良い方法として考えられるのは、
1、まずGoogleアドワーズ、Yahoo!リスティングの両方に広告出稿してみる
2、効果を測定しながら、どちらの検索エンジンに継続して出稿していくか検討する
という事になりますが、
そもそも「リスティング広告を導入する理由、目的」を忘れていなければどちらかの検索エンジンに絞るという選択肢は、もう少し後に出てくるのではないかなと思います。

リスティング広告を導入した理由、目的→検索エンジンを使って効率よく、予算の範囲内で一定数以上の顧客(CV)を獲得する
→目標の1件あたりの獲得コスト(CPA)内で獲得数を最大化する。

Googleアドワーズ、Yahoo!リスティングという大きなくくりで絞り込みをする前に、それぞれの広告グループ単位での効果測定、検証、改善を行う、もしくは絞り込んでいくという事を繰り返していけば、前述したように検索エンジンの絞り込みをおこなう事による機会損失も最小限にとどめる事が出来、効率的に運用が出来ると思います。

それを繰り返した結果やはり片方の検索エンジンだけパフォーマンスが段違いだというのであれば、そこで初めて検索エンジンを絞るという選択を検討するのがベストではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。