リスティング広告:コラム

競合他社の詳細データがわかる新機能「オークション分析レポート」

今日はグーグルアドワーズの管理画面の「オークション分析レポート」という新しい機能が追加されたようなのでその事について書きたいと思います。

このオークション分析レポートとは、自社で入札しているキーワード1つ1つに対して、競合他社それぞれの下記情報を見る事ができます。
・表示URL
・ユーザー検索に対する広告の表示率(インプレッションシェア)
・平均掲載順位
・自社サイトと競合他社との広告表示重複率
・上位掲載率
・ページ上部表示率

オークション分析レポート

オークション分析レポート

まず、自社で入札しているキーワードに対して、どの競合他社が出稿しているのかが一目でわかります。
普段から気にして見ていれば知っているところばかり出てきますが、「こんな所もこのキーワードで入札してるのか」と気がつく場合もあります。

また自社で設定している1日の予算やキーワードの入札価格と、このオークション分析レポートのインプレッションシェアや平均掲載順位、上位掲載率などと照らし合わせることで、競合他社がどれくらいの予算設定なのかや、どれくらいのキーワード入札価格なのかをある程度予測する事も出来ます。
そうすることで、自社で力を入れているキーワードの入札価格や予算を決めていく上でとても参考になりますし、上位掲載させたい場合などにも有効活用できそうです。

またメインと考えているキーワードを競合他社と並べて見てみると、「ウチはインプレッションシェアが他社よりもこんなに少なかったんだ」とか、「力を入れていたつもりだったのに平均掲載順位は他社と比べてまん中くらいだったんだ」など、リスティング広告での立ち位置がハッキリするため今後の改善施策への大まかな道筋も見えてくると思います。

リスティング広告の管理画面でキーワードの横に下図のようなマークが出ているキーワードは、この新しい「オークション分析レポート」が見れるキーワードです。(赤枠内のマーク)

オークション分析レポート適用キーワード

オークション分析レポート適用キーワード

ちなみに入札している全てのキーワードがこのオークション分析レポートを見れるのではなく、一定基準以上の活動がみられたキーワードについてのみ、見る事ができるようですね。

リスティング広告は「比較、検討される広告」ですので競合他社との比較データというのは非常にありがたいですね。
色々と気付くことも多いと思うので、改善をするついででも構わないので自社のアドワーズアカウントの「オークション分析レポート」を一度確認してみてください。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 競合他社   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。