リスティング広告:コラム

リスティング広告:1件あたりの獲得コスト(CPA)の改善方法

1件あたりの獲得コストの改善方法として色々と考え方はあると思いますが、わかりやすいところをご紹介します。

基本的には、『1件あたりの獲得コスト(CPA)=広告費÷コンバージョン数』なので、広告費、クリック数はそのままでコンバージョン数を上げる=コンバージョン率(CVR)を上げる事が、1件あたりの獲得コストを下げる手段となります。

コンバージョン率の上げる具体的な方法は以前もこのブログで書いた通りです。
1、CVRの高いグループ(またはキーワード)に絞り込んで広告を行う
2、広告のリンク先(ランディングページ)を改善する
3、広告文を改善する
4、掲載順位を見直す

まず即効性が高いのは1の「CVRの高いグループ(またはキーワード)に絞り込んで広告を行う」だと思います。
もともとパフォーマンスの高いところに広告予算を集中投下すれば、CPAは必ずと言っていいほど下がります。

ただ注意しなければならないのが、絞り込んだ結果1件あたりの獲得コストは下がり、費用対効果は上がったが、それと同時にコンバージョンそのものの数まで下がってしまうという事です。

もちろんビジネスの形態は様々あるので、「とにかくCPAを下げるんだ!」という方であればいいと思いますが予算未消化で、獲らなければいけないコンバージョン数を獲る事が出来なかったというのであれば、それはビジネスとして成果をあげたとは言えないかもしれません。

上記コンバージョン率を上げる以外で、獲得コストを下げる方法としては「クリック単価(CPC)を下げる」という方法も有効です。

最初に出てきた『1件あたりの獲得コスト(CPA)=広告費÷コンバージョン数』の式の広告費の部分、広告費は「平均クリック単価×クリック数」なので、広告費自体を減らすのではなく1クリックあたりの金額(平均クリック単価)を下げることで、同じコンバージョン率、同じ広告費でもより多くのコンバージョンを得る事が出来、結果として1件あたりの獲得コストが下がるというわけです。

1件あたりの獲得コスト(CPA)はリスティング広告を運用する上で大変重要な指標です。
効率的にコンバージョンを獲得するのであれば特にCPAの最適化というのがリスティング広告の運用を行う上で一番の改善点となってきますが、「CPAをとにかく下げるんだ!」というリスティング広告の運用方法だと、コンバージョンの取りこぼしや機会損失を生んでしまう事もありますので、CPAだけにとらわれずに、コンバージョン数を最大化させるためのCPA設定と改善を行っていくのが大切だと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 指標の改善   パーマリンク

コメントは受け付けていません。