リスティング広告:コラム

改善をする時の施策の優先順位の決め方

リスティング広告は広告配信結果が数値として全てあらわれ、その数値に対して施策をしていく事で改善する事が出来る広告です。

それぞれ出てくる数値には改善する施策/対策が決まっているので、きちんとその数値と向き合い施策をする事で数値を改善し、さらに成果をあげていくことが出来ます。

その施策についてですが、原因に対して数値の改善をしようと思ったときに、その施策の候補が複数出てくるというのはよくあることで、どういった施策をしていくのが良いか迷う事がありますよね。

例えば「コンバージョン数をもっと増やしたい」と思った時に、打つべき具体的な施策の一例として以下のような事が考えられます。

・コンバージョンになっているキーワードの表示回数を増やす。
・コンバージョンになっているキーワードのクリック率を上げる。
・コンバージョン率を上げる。
・コンバージョンになっていないキーワードを出稿停止し、その広告費をコンバージョンになっているキーワードにまわす。
・コンバージョンが発生している時間帯に絞る。
・コンバージョンが発生している曜日に絞る。
・コンバージョンが発生している地域に絞る。
・予算を増やす。
・コンバージョンが獲得出来そうなキーワードを追加する。
などなど

このように改善の施策を考えた場合、どれから手をつけていったら良いか判断出来なくなる事もあるかもしれません。

様々な状況、事情により優先順位は変わってくるかもしれませんが、基本的には「改善しやすく、改善する事で効果が高くなると思われる部分」から手をつけていく方法が良いと思います。

例えば、コンバージョンキーワードのクリック率が0.1%以下というように水準以下の場合、まずはそのクリック率の改善から手をつけていくとか、時間帯、曜日、地域などでコンバージョンに差が出ている場合にはそこに予算を集中することも簡単と言えば簡単ですよね。

ただ注意しなくてはいけないのは、「改善する事できちんと効果を上げることができる部分」という事です。

今まで完全一致で入札していたコンバージョンキーワードを、表示回数を増やすために部分一致にした・・・、結果コンバージョン率が著しく下がってしまっい費用対効果もかなり悪くなった、というのでは意味がありませんので(コンバージョンの絶対数を増やすという点では意味がないとは言い切れませんが)、その施策をする事による結果を予測して、改善しやすく、改善する事で効果が高くなると思われる部分から手を付けていきましょう。

もちろん上記の施策の中で一つだけに絞るのではなく、複数同時に行うこともOKですが、あまりあれもこれもとやりすぎると、何をしたことで数値が改善できたかわからなくなる恐れがあるので、それは出来る事なら避けたいですよね。
(数値が良くなればそれで良いという考え方もありますが・・・)

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ECサイト向け, 指標の改善   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。