リスティング広告:コラム

Yahoo!、Google両方の検索エンジンを使っているユーザーはいるのかどうか

リスティング広告をはじめるにあたり、Yahoo!リスティングにしようかGoogleアドワーズにしようかと悩まれ、ご相談いただく方がいらっしゃいます。

予算の関係等もあるので一概には言えませんが、そういったご相談をいただいたときには「やるならYahoo!もGoogleも両方やったほうがいいですよ」と答えています。
理由は「普通、ユーザーはYahoo!、Googleどちらかしか使わないと考えるならどちらか片方だけの出稿だと取りこぼしが発生するから」なのですが、ここでふと「本当に普通の検索ユーザーはYahoo!、Google両刀使いをしていないのか」という疑問が沸き起こってきました。

私は仕事上Yahoo!、Googleと両方の検索エンジンを使っていますが、一般の検索ユーザーの方々はどうなのでしょうか・・・?

という事でユーザーの検索エンジンの使用状況を調べる方法がないかどうか色々考えながらGoogleアナリティクスを眺めながら「コンバージョン経路」で確認できるのではないかと思い付きました。

Googleアナリティクスの「コンバージョン経路」は[コンバージョン]内、[マルチチャネル]の中にあります。

「コンバージョンの経路」はコンバージョンに至るまでの検索ユーザーの行動を確認出来る便利なデータですが、このコンバージョンの経路の[参照元パス]を見てみると、一度ウェブサイトを訪問しその時は離脱、しかしその後ウェブサイトへ再訪しコンバージョンに至った、というユーザーが辿った参照元を確認できます。

そこでの検索エンジンを確認すれば、1人のユーザーが複数の検索エンジンを使っているのかどうかがざっくりと調べられますね。

という事で自社運営サイトのコンバージョン経路を確認してみました。

コンバージョン経路

コンバージョン経路

これで見てみると、Yahoo!かGoogleかは置いておいて、やはり検索エンジンを使ってコンバージョンをしたユーザーは1つの検索エンジンだけしか使わないという傾向が見れますね。(「Yahoo!→Google」というのが1つだけありますが・・・)

他のウェブサイトでも複数確認してみましたが同じような傾向になっていますので、やはりリスティング広告を導入するのであればYahoo!リスティング、Googleアドワーズの両方をやるに越したことがないという事がわかりました。

ただ最初にも書きましたとおり、予算の都合上や費用対効果を計測した結果など状況によってはYahoo!リスティング、Googleアドワーズのどちらか一つに広告出稿したほうが良い場合もありますので、その辺は臨機応変に対応していくと良いと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。