リスティング広告:コラム

リスティング広告 費用対効果の改善方法

リスティング広告を運用していると、「広告費の部分をもう少し削減したい」というご要望は多くいただきます。
ただ広告費を削減したいだけだというのであれば、予算を下げるだけなので、何の問題もなく広告費を抑える事が出来ますが、
こういった「広告費の部分をもう少し削減したい」というご要望は「ただ広告費を下げる」という意味ではなく、「効果はそのまま、もしくは今以上で、広告費を下げたい」という意味の場合がほとんどですよね。

ある程度リスティング広告の運用をした中で、限られた広告費の中で効果を上げていく、費用対効果の改善をしたいという場合、やはり「絞り込んでいく」という方法が一番手っ取り早いです。

リスティング広告において、「絞り込む」というのは様々あります。例えば、
・キーワード
・広告グループ
・広告表示地域
・広告表示の時間帯
・デバイス
などです。

基本的に絞り込んでいくために、コンバージョン数やコンバージョン率(CVR)、1件あたりの獲得コストなどの指標を見て取捨選択していきます。

「費用対効果を高めていく」という意味では、1件あたりの獲得コストだけを指標として見ていけば良いと思ってしまいますが、比較するとき、母数(クリック数やコンバージョン数)が少なすぎると正当な比較や評価が出来ないので、コンバージョン数やコンバージョン率なども合わせて確認する必要があります。

キーワードと広告グループの絞り込みに関しては、キーワードと広告グループは同じように感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、広告グループはターゲット群(日本語として合っているかわかりませんがニュアンスで)そのものを、キーワードはターゲット群の中から絞り込んでいくというイメージになります。

表示地域、時間、デバイスなども同様に、それぞれ数値を確認し、効果が高いものへ絞り込んでいくことで費用対効果の改善が見込めます。

これをするためには、先ほども書いたとおり、ある程度のクリック数やコンバージョン数、期間が必要となります。
また、ただ費用対効果を良くすればいいという問題ではない場合も多々あるので、その点は事業の成果、リスティング広告を導入する目的などと合わせて、効果改善していく必要があります。

ただある程度数値が計測出来ていて、とにかく1件あたりの獲得コストを最適化して欲しいというのであれば、何も考えずに絞り込んでいけば、比較的数値の改善は簡単に実感できると思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智



Google+

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 指標の改善   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。