リスティング広告:コラム

本当のターゲットユーザーを探し出すために

リスティング広告ではターゲティングが非常に重要で、いかに「ターゲットユーザーにウェブサイトへ来訪してもらうか」という事を意識して、キーワード選定やターゲティングの設定などをおこなっていきますよね。

「キーワードを選定する」という作業一つ取ってみても、そのキーワードの前後の組み合わせだったり、部分一致、完全一致などの”マッチタイプの設定”、ターゲットではないユーザーを除外するための”除外キーワードの設定”、”デバイスごとのキーワードの違いやその設定”、キーワードごとに紐付ける”広告文の設定”など、やらなければいけません。

またキャンペーンでのターゲティング設定では、地域別、時間帯や曜日別の配信設定やその入札価格の調整率なども設定する事もありますので、こうやって改めて挙げてみると、ターゲットユーザーに来訪してもらうためにやらなければいけない事というのは、結構いろいろとありますね。

しかし、そこまでいろいろと考え抜いて設定をしても、現実的には”ウェブサイトに来訪したユーザーの大半はコンバージョンせずに離脱”をしていってしまいます。

コンバージョン率が1%なら100人中99人は離脱してしまっていますし、仮にコンバージョン率10%だったとしても、100人中90人は離脱しているという事になりますよね。

上記のターゲティング設定をきちんとした上でも、9割以上のユーザーが離脱してしまっているという事を考えると、やはり「コンバージョンするユーザーと、離脱するユーザーは違う」という事を認識する必要があるのではないかと思います。

「コンバージョンをしたユーザーは検索する前に何を考え、どんな思いで検索をしたのか」、「ウェブサイトに訪問をした後に、何を感じて何を見て(読んで)お問い合わせをしたのか」といった事を一つ一つ考えていくと、ウェブサイトに誘導したターゲットユーザーの中から”本当のターゲットユーザー”を見つけることが出来るかもしれません。

もし”本当のターゲットユーザー”を見つけることが出来たとしたら、またキーワード選定やターゲティング設定、広告のリンク先ページでの伝え方などを、その真のターゲットユーザーに合わせたものにしていけば、今まで以上の成果は見込めるのではないかと思います。

この「本当のターゲットユーザー」を探す方法というのは、コンバージョンデータを一つ一つ検証し、仮説を立てていくしかありません。

また社内の人たちと、場合によっては社外の人たちとディスカッションをしつつ仮説を立てていく事もすごく大切なことだと思います。

すごく時間も手間もかかりますが、本当のターゲットユーザーを探すためには、それくらいの労力は掛けていかなければいけないですよね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ターゲティング タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。