リスティング広告:コラム

地道な除外キーワード設定の作業が費用対効果の改善を生む

リスティング広告を運用する上で、費用対効果を改善するための施策というのはいろいろとありますが、その中の一つ「除外キーワードの設定」も有効な手段の一つだと思います。

マッチタイプ完全一致以外でキーワードを入札した際に、程度の問題はありますが、少なからず”ターゲットではないユーザーからのクリック”が発生してしまいます。

全く関係の無さそうな検索クエリ(実際に検索で使われたキーワード)でクリックしてくるユーザーもいますし、例えば”調べ物系のキーワード”のように関係なくはないけれども、コンバージョンには繋がらなそうな購買意欲の低いユーザーからのクリックなどもありますよね。

そういったユーザーに対しては、上記「除外キーワードの設定」をする事で、そもそもそれらのキーワードで検索されたときに広告が表示されなくなるため、クリックもされない→無駄なクリックが減る→費用対効果が改善される、となります。

この除外キーワードを設定する方法については、初期段階である程度想定される候補となる除外キーワードは設定しておき、その後は定期的に検索クエリレポートを確認しながら、一つ一つ設定をしていくという方法しかないと思います。

この作業、最初のうちは一生懸命検索クエリの確認→除外キーワードの登録、とこまめにやっていても、しばらくするとやらなくなってしまう方もいらっしゃいますが、それでは非常にもったいないです。

もともと除外キーワードとして設定すべきキーワードというのは、お客さんになる確率の極めて低いキーワードですので、数多く登録できるならそれに越したことはありません。

特に、部分一致でキーワードを設定している場合、「なんでこんなキーワードで広告が表示されているんだ」と感じる検索クエリも少なくなく、それをそのまま放置していたら、その報知の時間が長くなればなるほど、広告費的にも損失が出てしまいますし、広告予算が不足気味の場合には、それによって他の有効な検索クエリの時に広告表示が抑えられてしまうなどの機会損失を生んでいるかもしれません。

また検索のトレンドというのは日々変わりますので、ある程度除外キーワードを設定して検索クエリを確認しても「あまり変なクエリ無くなったな」なんて思っていてしばらく確認を怠っていると、また別の変な検索クエリでの流入が増えているなんて事になる事もあります。

地味な作業の割にボリュームが大きいと検索クエリを一つ一つ確認する事が非常に苦痛に感じる事もあるかもしれませんが、除外キーワードの設定というのは見当違いな除外さえしなければ、やればやるほど費用対効果が確実に改善される施策の一つですので、定期的に確認→除外をやっていきましょう。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。