リスティング広告:コラム

コンバージョン数を増やすための考え方と施策

リスティング広告というのは日々運用していく中で様々な問題点が出てきますが、コンバージョンに関する問題はとても頭を悩ませますよね。

特にコンバージョンの数に関する問題は、例えば「コンバージョン数が目標に達していない」とか「コンバージョンが1件も獲得出来ない」とかそういった事が多いと思います。

「コンバージョン数が目標に達していない」という場合、または「ある程度コンバージョン数は獲得できているが目標数値までは達していない」という場合の最も簡単な改善の考え方は、コンバージョンが発生しているキャンペーンや広告グループを見て、その部分のクリックを伸ばしていく事です。

要は「コンバージョンは確率の問題だ」という考え方ですね。

そのクリックを伸ばしていくためには、広告の表示回数を増やすのかクリック率を改善するのかの2つの施策が考えられるので、表示回数を増やすのであれば予算の見直し、またはキーワードの追加など検討し、クリック率を改善するのであれば広告文のテストを繰り返していくのか、広告の掲載順位を上げるために入札価格の見直しをしていくのかなど検討します。

この時に頭に入れておかなければいけないのは、広告予算や1件あたりの獲得コストの事。

広告予算は無限ではないですし、コンバージョン数を増やす事が出来ても1件あたりの獲得コストが何倍にもなってしまったら困ってしまいます。(その限りではありませんが)

その広告予算や1件あたりの獲得コストを考える上では、先ほどとは逆にコンバージョンを獲得できていないキャンペーンや広告グループに着目しなければいけません。

今後コンバージョンが見込めそうもないものや、コンバージョンに貢献していないと思われるキャンペーンや広告グループはリスティング広告の出稿を停止していく事など検討する必要があります。

しかしそういったコンバージョンを獲得できていないキャンペーンや広告グループも広告のリンク先ページを変更、改善、それに合わせた広告文の変更、また広告の掲載順位の見直しなどと、施策次第でコンバージョンを獲得する事が出来るようになる場合がありますので、リスティング広告の運用方針次第では、そういったことも試していく必要があります。

「コンバージョンが1件も獲得出来ない」という場合の改善施策も同じですね。

上記の改善施策や考え方はこれが全てではなくあくまで一例であり、コンバージョンに関する問題点の要因はたくさんありますが、様々な要因や予算の事などを考えた上でバランス良く最善の施策をする必要があります。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。