リスティング広告:コラム

機会損失の改善からコンバージョン数を伸ばす

リスティング広告を運用する目的というのは様々あると思いますが、その目的を達成するためにはまず”適切な場所”にコンバージョンを設定し、そのコンバージョン数を増やしていく事が近道と言えますよね。

通常「お問い合わせ完了ページ」だったり、ECサイトであれば「購入完了ページ」だったりと、売り上げに直結する部分にコンバージョンを設定していきますが、例えば実店舗への来店を目的としているケースなどは、来店に結び付く可能性のあるページやアクションなどに対してコンバージョンを設定する事もあります。

どちらにしろ、適切な場所、方法にコンバージョンを設定し、その数を増やしていく事がリスティング広告を運用する担当者にとって、非常に重要な作業になると思います。

このコンバージョン数を増やす方法というのも様々ありますが、まず手っ取り早くコンバージョンを増やしていく方法として、「インプレッションの損失率」を確認し、施策を立てていくという方法があります。

インプレッションの損失率とは、予算や品質によって広告の表示回数が抑えられてしまっている数の割合の事で、もし予算によるインプレッションの損失率が50%出ているという状態であれば、「予算不足により広告の表示機会が50%に抑えられていますよ」という事を意味します。

もしアカウント全体で、この予算によるインプレッションの損失率が50%出ている状態であったなら、予算を2倍にするのも一つの手ですが、コンバージョンが獲得出来ているキーワードや広告グループにその予算を振り分けたり、効果の出ていないキーワードを配信停止にするなど絞り込みをすることで、さらに費用対効果良くコンバージョン数を増やしていける可能性が高まりますよね。

逆に予算によるインプレッションシェアの損失率が0%だった場合、絞り込んでいったとしてもコンバージョン数自体は増えませんので、コンバージョンが獲れているキーワードの掲載順位を引き上げていったり、検索クエリから関連するキーワードを追加していったりと、また別の方法でコンバージョン数を増やす施策を考えていく事が出来ます。

予算によるインプレッションシェアと同じように、広告ランクによるインプレッションシェアの損失率も確認する事が出来ます。

これは入札価格が低い、または品質スコアが低いために広告の表示回数が抑えられているという事を意味しますので、もしこちらの数値が出ていたら、入札価格を上げたり品質スコアを改善していくための施策だったりと、対策をしていく事でインプレッションシェアの損失が解消されていきます。

コンバージョン数を増やしていくという事は、多くのリスティング広告運用担当者にとって至上命題となっていると思います。

コンバージョンを増やしていくためにはいろいろな方法があると思いますが、まず手っ取り早くコンバージョン数を増やすためには、インプレッションの損失率を確認すると、スムーズに施策が出来、効果的に改善できると思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。