リスティング広告:コラム

新しい切り口から新たな購買層を探す

ECサイトは基本的にウェブ上で集客から販売が完了するので、全てを数値で管理、把握できるリスティング広告との相性は抜群だと思います。

そこからきちんと費用対効果の合うように成果が出せるかと言ったら、また別の話になりますが、すべてを数値で把握が出来るため、もし仮にうまくいかなかった場合、その原因を考察する上での材料などは揃っているため、仮説が立てやすく、改善もしやすいのではないかと思っています。

リスティング広告を活用してコンスタントに商品も売れ、コンバージョンが獲得出来ているのであれば問題はありませんが、何も手を加えずにずっとそのままにしておくと、コンバージョン数が伸び悩む時期や低迷する時期なども出てきます。

そういったとき、新しいキャンペーンか何かを打って出て、ターゲットユーザーの購買意欲に訴える方法もあるかもしれませんが、いっそ、「切り口を変えて新たな新規ターゲットユーザーの開拓をする」というのも一つの手かもしれませんね。

例えば、今までは「その商品”そのもの”」を欲しがっているユーザーに対してだけ広告を出していたモノを、その商品の”別の使い方”や”価値”という部分にスポットを当ててみると、新たなユーザー層へのアプローチが浮かんでくるかもしれません。

この新たなユーザー層へアプローチするためには、今までどおりのキーワードではそのユーザーに広告を届けることができないと思いますので、新たなキーワードを考え、そしてその新しいユーザーや新しいキーワードに合わせた広告文、広告のリンク先ページを設定していくことで、新規顧客の開拓を進めていけると思います。

この新しいユーザー層を見つけていく場合、「新しいユーザーって誰だろう?」と考えるよりも、まず先に「自社で扱っている商品ってなんだろう?」というところから考えて行ったほうが良いかもしれません。

「自社で扱っている商品が何なのか、なんて知ってるに決まってるだろ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、”自社で扱っている商品の価値ってなんだろう?”、”この商品を買ってくれるお客さまはどのように使っているのだろう?”、”なぜ選んでくれたのだろう?”など、扱っている商品について深く考えていくと、「こういう価値があるなら、○○何人もターゲットになるな」とか「こんな使い方なら△△な人もターゲットだろう」などと、今まで気が付かなかったターゲットユーザーを見つけていく事が出来ます。

自分一人で考えていると気がつかなかったりすることも多いので、複数の人たちと、または異業種の人たちと意見交換をするなんて事も有効な手段の一つだと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。