リスティング広告:コラム

鉄は熱いうちに打て

リスティング広告では、お問い合わせ完了ページなどを目的地点と定めて、コンバージョンとして計測し、その効果を測ったり、アカウントの改善に役立てたりしていきます。

「お問い合わせ完了」がコンバージョンであった場合、そこから商談があり、そして成約、というように、実際の広告の成果とは違うケースもありますが、リスティング広告の運用をしている担当者と、実際に商談をする営業担当者などが連携して、より精度の高いコンバージョンを獲得できるようにしていかなければいけません。

こういった場合、リスティング広告のコンバージョンが付いて、ウェブサイトからのお問い合わせも増えているのに成約数が増えない、というケースがあります。

もちろんリスティング広告から誘導しているターゲットユーザーが、求めているものと違うという事も考えられますし、お問い合わせまでの敷居が低すぎるため(敷居が低いことは良いことですが)成約まで結びつきづらいなど、リスティング広告やウェブサイト側で何とかしなければいけないこともありますが、そうではないケースというのももちろん考えられます。

以前、お客様からのお問い合わせに対して「すぐに返事をしない」という方がいらっしゃいました。

なぜか聞いてみると「すぐ返事をすると暇な会社だと思われるだろう?暇なところに仕事は来ない」とのこと。

これ、逆にお客様の立場から考えてみると、パソコンを立ち上げて検索をして、いろいろなウェブサイトを比較検討して、「あ、ここかな」と思ったところに、メールフォームでいろいろと入力し、送信を完了させたわけです。

人それぞれですが、検索をしてフォームに入力してお問い合わせをする労力や心理的な障壁というのはそんなに低くはありませんよね。

フォームで入力するのは面倒だし、出来ることならしたくない、けれども、その面倒を乗り越えてお問い合わせをしてきたわけなので、それはある意味、その時のテンションはMaxだとも言えます。

「鉄は熱いうちに打て」という言葉のとおり、お問い合わせをしてきたその時が一番アツい時で、その時にすぐ対応しなければいけないのに、わざわざ冷めるのを待って対応していては意味がありません。

複数社お問い合わせをしていたならば、他社に1歩リードされてしまう事にもなりますし、「お問い合わせをした時には、すごく乗り気だったけど、なんか別にどうでもよくなっちゃった」なんてこともありえますよね。

「暇な会社には仕事が来ない」というのは、普段の仕事ぶりの話で、お問い合わせをした段階で暇な会社か忙しい会社かなんてお客様は気にしていません、というかわかるわけがありません。

仮にウェブサイトからお問い合わせをしてきて、「すぐ返事してきた、がっついてんな~」なんて人がいたら、それは冷やかしの可能性が大なので相手にする必要もありません。

それよりもすぐに返事をしたほうに好感を持ちますし、仕事が早いという認識にもなります。

もちろんすぐ返事が出来ない状況であったら仕方ないことですが、レスポンスは出来る限り早いに越したことはないので、お問い合わせが来た場合には出来る限り早い返事を心がけるようにしてください。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。