リスティング広告:コラム

出てくる指標と目標はまったく別に考える

リスティング広告を運用するにあたって目標や目的を忘れてはいけません。

目標なんか忘れるわけないと思う方がほとんどだと思いますが、過去に色々な方からお話をお聞きしていると、なんでそうなるのかな?と思う事が多々ありました。

例えば、こちらからすると「今はクリック単価なんかどうでもいいじゃないか」と思ってしまうのですが、一度「クリック単価が高いんだ」みたいな話になってしまうと、クリック単価を○○円まで下げる事が目標のような話し合いになり、なんだか目先だけの話で終わってしまいます。

あたり前の話ですが、目標とはリスティング広告を導入した時に決めた目標の事です。

毎月いくつ販売をするだとか、毎週いくら売上を上げていくだとかの具体的な数字でなければいけません。

クリック単価がどうでもいいという訳ではもちろんありませんが、クリック単価を下げたからといって必ずしも上記の目標をクリアするわけではありません。

限られた予算の中で上記の目標を達成するためにクリック単価を下げるという事も、手段の一つとして考える事が出来ますが、ただ単にクリック単価を下げれば良いというものでもありませんよね。

なのにリスティング広告を運用していくとクリック単価だけではなく、「クリック率は○%以上」とか「クリック数は○○回以上」というように、訳のわからない指標を目標にしてしまう方が出てきてしまいます。

こういったクリック率やクリック数はもちろん、広告の表示回数もコンバージョン率なども、あくまでも目標を達成するために行った施策の結果というだけであり、次の一手を決定する材料にはしますが、数値そのものを目標にする事は良い結果を生むことに繋がるとは限りません。

そういった指標に固執するあまり、目標とする数字を達成する事が出なくなるケースもあります。

これはリスティング広告に限らず、ウェブサイトにも言える事だと思います。

ウェブサイトの直帰率が高いからと直帰率を下げるために施策をおこなった結果、わざとユーザーに遠回りをさせるような改善をしていたり。なぜ直帰をするのか?という所から考えて改善をしていかなければコンバージョン数は増えませんよね。

全ては目標を達成するための手段であり、その手段が目標になってはいけません。

リスティング広告にしてもアクセス解析の数値にしてもウェブを運用する時には様々な数値が出てきます。

ウェブサイトへの訪問は入り口の所から出口まで、全て数値で計測する事が可能なので、その数値を重視しなくてはいけない事もわかりますが、そうする事で本来の目的を見失い、ただの指標を目標にして別の方向に向かって走ってしまうのだけは気を付けなければいけません。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。