リスティング広告:コラム

1つのコンバージョンの価値を高める

リスティング広告にはどのキーワードから、どの広告文からお問い合わせ完了や購入完了に至ったのかを計測する事が出来る「コンバージョン機能」というものがあります。

キーワードや広告文だけではなく、”どのデバイスで”、”どの時間帯で”、”どのランディングページで”と、目標に向けた「起点」を知ることが出来るので、そのデータはそのまま次のコンバージョンへの改善施策になっていきますよね。

コンバージョン測定は、改善施策のヒントになると同時に、「効果を測定」するものでもあります。

今までやってきた施策がうまくいっているのか、という事はもちろん、費用対効果が良いかどうか、きちんと利益が出るように広告費を使えているのかどうか、という事も計測する事が出来ます。

この「広告の費用対効果」について、ECサイトであれば、「売れた商品の利益の○%以内」だとか、BtoBであれば、アポイントからの成約率を計算し、その「1顧客あたりの単価」を出してみたりとか、自社でやっているビジネスやリスティング広告を活用する目的、自社の現在の状況などにより変わるため、費用対効果の”線引き”は企業によって様々だと思います。

ただ、このコンバージョンの価値を高めることが出来れば、リスティング広告がより効果的になりますよね。

ECサイトの場合、単純にその時売れた商品の利益に対して設定するのではなく、リピートも含めた顧客生涯単価(LTV)も計算に入れてみるとか。

「リピートするお客さんもいれば、1回だけのお客さんもいるんだよ」という場合、総客数からリピート率を出して、全体平均でLTVを出すと、より実数に近い数値を出すことが出来ます。

そのほか同時購入や「○○円以上送料無料」のように、1回あたりの購入金額を上げる施策を考えていく事も1件あたりのコンバージョンの価値を上げることに繋がります。

またBtoBであれば、ウェブサイトからのお問い合わせがコンバージョンとなっている場合、お問い合わせからアポイントへ移行する割合、アポイントから成約までの成約率などを出し、それぞれのパーセンテージを上げる事でコンバージョン1件あたりの価値を高める事が出来ますよね。

リスティング広告で費用対効果を抑えつつコンバージョン数を増やしていこうと思っても、限度がある場合があります。

特に商品単価の低いECサイトでは、リスティング広告以外の部分で”どれくらい1件あたりのコンバージョンの価値を高めることが出来るのか”という事が非常に大切になってきますので、1件のコンバージョンの価値を高めていくためにどうしたらいいのか?という事も一度考えてみると良いかもしれません。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。