リスティング広告:コラム

1年を通した数字を確認して改善に役立てる

リスティング広告では様々な数値を確認することが出来ますが、時系列での数値も確認することが出来ます。

レポート機能で時間帯、日にち、曜日と確認することが出来ますが、もっと長いスパンだと”月単位での数値”も確認することが出来ます。

普段から確認しているという方は必要ないかもしれませんが、1年間を通してどの月がパフォーマンスが高くてどの月がパフォーマンスが悪かったのかなどを検証してみるのも良いかもしれません。

例えば、パフォーマンスの良い月、悪い月との差が顕著に出るのであればパフォーマンスの良い月には予算を多めに、悪い月には少なめにと割り振りを考えることも出来ます。

広告の表示回数やクリック数などでターゲットユーザーのトレンドを把握することが出来るかもしれませんし、それらの仮説を立てて次年度の施策に役立てることが出来ますよね。

その月その月だけではわからなかった全体の流れを把握することで、今まで気が付かずにパフォーマンスが徐々に良くなっている/悪くなっているという傾向もわかりますし、その中をさらに深堀りしていくと、具体的にどの部分に変動があるのだろうかという事もわかるようになります。

今まではキーワード単位での細かな数値は把握していても、全体を通した大きな数値を把握していなかったというのであれば、新しく気が付く部分もたくさんあるのではないかと思います。

この年間での数値を見るときに、良かった点、悪かった点と出てくると思いますが、「その原因を探る」というのは非常に大切なことです。

悪い期間があったならば、その期間におこなった施策を見直すのはもちろん、競合他社の動きについても、管理画面内やレポート機能でも月別で分割し、インプレッションの損失率などを確認することが出来ますので、その原因に目星を付けて次年度の施策に役立てていくと、より建設的な改善が出来るのではないかと思います。

リスティング広告は今までの掲載結果からその成果まで、すべて数値として残していく事が出来、その数値を確認することが出来ますので、なにかのタイミングで”年間の数値”を確認している方もいらっしゃると思いますが、していない方であれば、ぜひ一度年間の数字を検証してみて今後のリスティング広告運用に役立てていくのも良いと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。