リスティング広告:コラム

効果を改善するためのきっかけ

リスティング広告は広告を出稿しっぱなしにせずに、出稿した後に効果を測定→必要に応じて改善、と、繰り返していく事で、より高いパフォーマンスを発揮する事が出来、集客や事業の発展に影響を与えることが出来ます。

最初に想定した効果が得られなかったからと、ガッツリとアカウント内をガラッと改善する事もあれば、あまり大きな変更はせずに、ちょっと施策で済ませるケースもあります。

ですが、その”ちょっとした施策”でも、リスティング広告の効果に大きな変化をもたらす事もありますよね。

例えば、「広告文の変更」など。

「広告文の変更」という施策は、ある意味正解の無い施策でもあるので、広告文の変更後の効果というのが見えにくく、あまり重要視していない方も多いのではないかと思います。

ですが、施策をする作業自体はとても簡単な事なので、広告文を変えようと思えば、労力としては、あまりかからない”ちょっとした施策”であるとも言えますよね。

この、ちょっとした施策である広告文の変更が、コンバージョン数を大きく増やすきっかけになる事も多々あります。

コンバージョン数が増える要因には、クリック率の改善(上昇)や広告の品質改善による掲載順位の上昇、平均クリック単価の抑制、ユーザーの気持ちを汲み取ることが出来たなど、その時々で様々ありますが、広告文の変更という”ちょっとした施策”で、このようにいろいろな理由から大きな成果を得ることにもつながります。

先ほど、広告文を変更する事に対して「労力としてはあまりかからない」と書きましたが、確かに”実作業”としてはあまり大変なことはありませんが、その「広告文を作りだす、考えだす」という作業はもちろん大変なものがあります。

いろいろなお客様と接する事で、自社の商品やサービスに何を求められているのか、そういったところから発想するのでもいいですし、アクセス解析の数字から推測し、考え出すのも良いと思いますが、最初に書いたとおり、広告文には正解はあってないようなものなので、結局はどの広告文が良いのかテストを繰り返していく事が一番大切なのだと思います。

今回、「広告文の変更」という例で書きましたが、リスティング広告の成果を改善するための施策というのは、本当にたくさんの種類があります。

「考えただけでやりたくない!!」と思ってしまうような丸一日かかる大変な作業から、広告文の変更をするだけというような、ちょっとした施策もあり、その”ちょっとした施策”でも成果を大きく変えるきっかけになるものもありますので、もちろん考えた上で改善していかなければいけませんが、出来るところから手を付けていくというのも、悪くはないと思っています。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。