リスティング広告:コラム

キーワードによって伝える内容を柔軟に考える

リスティング広告の広告文を作る際に、「ウチの商品はどこの商品よりも安いんだから、その安さだけを前面に出した広告文にすればいいんだ」なんていう方がいらっしゃいます。

ECサイトのようにウェブ上で商品を売っていこうとした時に、”他のどこよりも安い”ということはものすごい強い武器になりますので、そのことを前面に出していくということは決して悪い事だとは思いませんが、リスティング広告では、それが正解とは言いきることが出来ません。

検索連動型広告の場合、基本テキストのみの広告となりますので「価格が安い」の前に、「何を扱っているのか」を伝える必要がありますよね。

キーワードによっては、自社で扱っている商品を求めていないユーザーに対してもリーチする事があり、どんなに扱っている商品の価格が他社よりも安かったとしても、ユーザーとして欲しいと思っていないものはどんなに安くても買いません。

例えば、何を販売しているのか書いていない、または明確に表現していなくて、「あなたが探しているものがどこよりも安いですよ」なんて広告文を作ってしまったら、誤クリック=無駄な広告費の原因にもなりますよね。

そうならないためにも、まずは「何を扱っているのか」「何を売っているのか」という事を広告文上で明確に書いていく必要があると思います。

ただこれも必ずしも全てではなく、あくまでも「キーワード次第」です。

自社で扱っている商品そのものズバリのキーワードで検索をされた場合、商品自体の説明はあまりせずに、広告文の大半を、その特長にあててしまってもきちんと意味として通じると思いますが、そうではない場合には、上記のような「何を扱っているのか」という説明も必要となります。

この時の「キーワード」という点でもう一つ気をつけなければいけないのが、この「キーワード」とは入札している(広告主側で設定しているキーワード)ではなく、ユーザーが実際に検索に使った”検索クエリ”のこと」という点です。

完全一致で入札している場合、そのキーワード以外で広告が表示されることはありませんので、このことは気にする必要はありませんが、”部分一致”や”絞り込み部分一致”で入札しているときには、場合によっては広告主側で意図としていない検索クエリや、中には「これで広告表示されるか?」と思ってしまうくらい幅広く広告が表示されることがあります。

そういったキーワードのマッチタイプも含めて、広告文での伝え方を考えていく必要がありますよね。

テキストの広告文は文字数が限られているため、「もっと伝えたいことがあるのに!」と思う事もよくありますよね、ですがこの文字数制限の中で、ターゲットユーザーを的確に呼び込むために、ターゲットユーザーに起こしてもらいたいアクションを起こしてもらうために広告文を考えることこそ、リスティング広告の面白さに一つではないかなと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。