リスティング広告:コラム

ウェブサイト立ち上げ時にリスティング広告を活用する

今ではほとんどの企業でウェブサイトを持っていますよね。

新しく会社を立ち上げるときにでも「まずはウェブサイトを作らなきゃ」となりますし、ウェブサイトからの反響や集客をおこなわないという会社であっても、ウェブサイトがないと営業先に相手にしてもらえないなど信用問題になってしまうケースもありますので、やはり何かしらのウェブサイトを作っておくというところもあると思います。

また1つの企業であっても、サービスごとに複数のウェブサイトを立ち上げているという企業も多くあります。

それこそ、ウェブサイトの立ち位置を会社概要的な感じで考えている企業であれば、特にリスティング広告を導入する必要もないのかもしれませんが、ウェブサイトで商品を販売していきたい、ウェブサイトで集客をしたいと考えている方であれば、そのウェブサイトにターゲットユーザーを集めてくる必要があります。

ターゲットユーザーをウェブサイトに集める方法というのは様々ありますが、一番手っ取り早くターゲットユーザーを集める事が出来るのは、検索エンジンでターゲットユーザーが検索しそうなキーワードに対して、その検索結果画面に広告を出す事が出来るリスティング広告だと思います。

同じ検索エンジンという意味ではSEO対策も同じですが、SEO対策の場合上位表示までに時間がかかる場合がある点や必ず上位表示できる保証もありません。

特にウェブサイト立ち上げ時には、あまり自然検索結果の部分は期待できませんので、そういったところから見ても、リスティング広告でターゲットユーザーを集めてくる事が一番現実的な方法だと思います。

この「ターゲットユーザーを集めてくる」という点以外にもウェブサイトのスタートアップ時にリスティング広告を導入するメリットは以下のようなものがあります。

・商品やサービスを売ることが出来る
・ユーザーの傾向を把握することが出来る
・ウェブサイトの問題点を見つけることが出来る

「商品やサービスを売ることが出来る」というのは、あたり前と言えばあたり前の話ですが、ターゲットユーザーを集めてくるだけでは広告を出している意味がありません。

きちんと商品の購入や成約というゴールまで行ってもらわなければいけませんが、ターゲットユーザーを集める事ができるので、きちんとした受け皿(ウェブサイト)を用意していれば、購入だったり成約に結びつくはずです。

「ユーザーの傾向を把握することが出来る」とは、売り出そうとしている商品やサービスについて、需要はどれくらいあるのか?市場規模がどれくらいあるのか?という事を広告の配信結果などから把握することが出来ます。

こういったことは、そのサービスを商品化するときにやっておかなければいけないことなのかもしれませんが、そういったターゲットユーザーの傾向は他のマーケティング活動にも活かしていく事が出来ます。

「ウェブサイトの問題点を見つけることが出来る」とは、ターゲットユーザーからのアクセスがあるということは、実際にターゲットユーザーにウェブサイトを見てもらうという事ですよね。

買うのか/買わないのかという部分もそうですが、買わないターゲットユーザーがどこで、なんで離脱しているのかをアクセス解析の数値などから想定し、より良いウェブサイトに改善していく事が出来ます。

これはただ単にアクセス数があればいいというのではなく「ターゲットユーザーが見ている」というところが重要です。

上記以外にもメリットとなる部分はあると思いますが、ウェブサイトを立ち上げた際にその効果はどれほどなのかなどウェブサイトの検証をしていくには、一番手っ取り早い方法なのではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。