リスティング広告:コラム

収益まで一貫性を持った運用を心掛ける

リスティング広告で成果を上げたいと考えている方は多いと思いますが、それと同じく、”思ったよりも成果が上がらないな”と感じている方も多くいらっしゃると思います。

リスティング広告の改善というのは、一つの指標や一つの数値など、部分部分で改善策を考えて最適化をおこなっていっても、うまく改善されていくということは稀で、「キーワード選定」、「広告文での誘導」、「ランディングページでの見せ方」、「クロージング」と”一貫した考え方”のもと、改善をしていくことがとても大切です。

「一貫性が大事だなんて知ってるよ、でもうまくいかないんだよな」という方もいらっしゃるかもしれませんが、私は一貫性は大事なのは当然で、ただ、その一貫性の”幅”はもう少し広げて考えていかなければいけないのではないかな?と考えています。

「一貫性」とは、キーワードからコンバージョンまでの一貫性を言っているのではなく、「ターゲットユーザー」から「収益」までの一貫性の事です。

どんなにお申し込みやお問い合わせが多くても、「収益」にならなければ意味がありません。

逆にお申し込みやお問い合わせが以前よりも少なくなっても、その少ない見込み客が高確率で収益に繋がるようになった、というのであれば、そちらのほうが広告を出稿する意味はありますよね。

この”収益”を目指すために、「まずはキーワードの選定からだな」・・・ではなく、ターゲットユーザーが「どこで」、「どのタイミングで」、「どんな心境で」、「何を期待して」検索をするのかを想像したうえで、”このタイミングでの検索キーワードは○○だ”とか”こういうシチュエーションで検索をしたユーザーには△△を見せると反応するのでは?”と、その後のキーワード選定や広告文、ランディングページを組み立てていく必要があります。

キーワード選定、広告文作成、ランディングページ作成と、それぞれのフェーズごとにやることはバラバラなのですが、そこには「収益となるお客様=ターゲットユーザーがどのような状況で入ってくるのか?」という事を念頭に置きながら考えていかなくては一貫性をもったリスティング広告の運用をする事が出来ません。

このように書くと難しいことのように感じるかもしれませんが、「お客様の事を考える」というのはリスティング広告に限らず、商売をされていたら当然の考え方でもあります。

それをあたり前のようにリスティング広告でも出来ているアカウントは、やっぱりコンバージョンの取れる調子の良いアカウントなのではないかと思っています。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。