リスティング広告:コラム

絞り込んでいく前に考えていく事

リスティング広告はその効果をきちんと測定し、日々改善を繰り返していく事でより効果を発揮する事が出来ます。

改善をする際に、効果の高いところに広告費を集中投下するという、所謂「絞り込み」をしていく事がよくありますが、これが最善の策かと言ったら必ずしもそうでない事もあります。

この絞り込みをおこなう際、おもに、

・キャンペーンや広告グループ
・キーワード
・デバイス
・曜日
・時間帯
・地域

などがあります。

費用対効果のよくないキーワード、コンバージョンが発生しないキーワードなどは停止にし、費用対効果の高いキーワードに広告費を集中投下していけば、リスティング広告としての効果がさらに高まるのは間違いないですよね。

その括りでキャンペーン単位、広告グループ単位での絞り込みをおこなう事もあります。

さらにスマホユーザーはあまり反応が良くないと感じているならば、スマホへの広告配信をストップし、PCとタブレット端末にのみ広告を配信する事も可能ですし、週末は反応が良くないと感じれば、月曜日から金曜日まで広告配信……、というように絞り込んでいけば、費用対効果が高まる可能性があります。

こういった施策は限られた広告費を有効活用するためには、非常に良い手なのかもしれませんが、絞り込みをおこなう事でコンバージョンが獲得できるかもしれなかったユーザーを取りこぼしてしまう恐れもあります。

リスティング広告を始める段階で、キーワードの選定だったり、地域ターゲティングだったりと、「ターゲットがあきらかにいない」部分には広告は出さないように設定をおこないます。

逆を言えば広告配信をすると決めたところには、少なからずターゲットユーザーが存在すると考えて設定していますよね。

もちろん、コンバージョンが発生しない現状を見て、キーワードにしろ、デバイスや時間帯などでも、「ターゲットがいると思っていたけれどもいなかった」と思い直し、絞り込んでいくという事もありますが、大抵の場合は「ターゲットがいたにもかかわらずコンバージョンに至らなかった」事のほうが多いと思います。

であるならば、そのコンバージョンにならない部分に対して、広告の配信停止をしてしまうよりも、「どうやったらコンバージョンになるのか?」を考え、実行していく事のほうが先なのではないかと思います。

キーワードにしても、時間帯、曜日、デバイス、地域ごとなど、それぞれ違う広告文で訴求していく事も出来ますし、それぞれ違うランディングページを設定し、ユーザーの行動を促していく事も出来ます。

絞り込むために配信停止にしてしまうことは簡単ですが、そうすることで取りこぼしやコンバージョンの幅が狭まってしまうというリスクもありますので、施策をする際には、そういった点も、もう一度考えてみると良いかもしれませんね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 指標の改善   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。