リスティング広告:コラム

ユーザーの気持ちで伝え方を考える

リスティング広告は同じ検索結果画面上に他社の広告も一緒に表示される事が多く、検索をしたユーザーも、それら他社の広告や自社の広告を含めて比較検討をしていきます。

なので、競合他社の広告は気にしておかなければいけない点の一つですよね。

競合他社がどういった点を売りにしているか、どんなところを訴求ポイントとして置いているのか、どの部分を意識して他社との差別化しているのかなどを確認し、そこから改めて自社のリスティング広告で使っている広告文や広告のリンク先ページを確認して、ユーザーに選ばれるように改善をしていかなければいけません。

特に競合他社が多い業界であれば、ある程度定期的に競合他社の動向を確認していく必要があります。

リスティング広告における競合他社の定義というのは「自社で入札しているキーワードを検索したとき出てくる他社」という事になるのかもしれませんが、「自社の商品を買ってもらう」という目的の販促活動の一つがリスティング広告というのであれば、リスティング広告で出てこなくてもオンライン/オフライン関係なく競合他社が存在しますので、「オフラインで強いところはどこか」、「自社の商品、サービスに近いものはあるか?」「そこはどんな販促活動をおこなっているのか?」というところまでは把握しておいたほうがよいかもしれません。

リスティング広告で競合調査をする時に大切な事は、「競合他社と比較したときに自社の商品やサービスはどう見えるのか」という所と「その訴求ポイントは本当にニーズがあるのか」という点です。

自社で謳っているコピーは競合他社と比べたときにはどう感じるのか、魅力的なのかそうでないのか、その訴求ポイントにしているものは、ターゲットユーザーにとって優先順位の高いニーズなのかというところを客観的に検討しなくてはいけません。

「ターゲットユーザーから見てどう思うのか、感じるのか」という事を意識して調査すると良いと思います。

自社の商品やサービスは、自分から見たら競合他社よりも優れている(と思っている)からこそ売っているのだと思います、そうでなければビジネスなんて出来ないですよね。

ただどんなに良い商品やサービスでも、ターゲットがその良さに気付いてもらえなければ意味がありませんので、そのためにも、自社の商品やサービスをきちんと理解し、競合他社との違いを調査をしていく必要があると思います。

自社から見て競合他社になるところを見ていくこと以外にも、リスティング広告の広告文を作る時でも、ランディングページの文言を変更する時でも、他業界のコピーは参考になりますね。

特に競合他社が多い業界のリスティング広告の広告文や広告のリンク先ページは、普段から競争が激しい分、色々と参考になる事があると思いますので、もしメッセージの伝え方に行き詰るような事があったならば一度見て回り、参考にしてみると良いかもしれません。

ビジネスに関係あるなしにかかわらず、自分がなにか探し物で検索してクリックした時というのは少なからずユーザー目線になっていると思いますので、いつもは特に何も考えずに無意識にクリックし見ていくかもしれませんが、「なんで自分はこの広告をクリックしたのか」という事を考えていくと、自社の広告のヒントになる事が結構あるので、常に意識しておくと良いと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。