リスティング広告:コラム

基本に忠実なリスティング広告運用で成果を出す

リスティング広告の運用を「難しいもの」と考えている人も少なくないと思います。

普段の生活をしているだけでは出会わない用語や数値が多く、リスティング広告の運用をしていこうとしたならば、それらを学ぶ事から始めなければいけません。

また、新しい機能や管理画面の変更なども都度おこなわれているため、どんどん学んでいかなければいけない事も増えていきますので難しく考えるのも無理はないと思いますが、基本的な部分をしっかり覚えておけば、あとはどうにでもなるというのが実際のところなのだと思います。

基本的な部分というのはリスティング広告の特長でもある「ユーザーが検索をしたところに広告文を表示させ、ウェブサイトに誘引しコンバージョン(行動)をしてもらう」という点です。

実際にこの部分だけをきちんと押さえておけば、リスティング広告を正しく運用していく事は出来ます。

どんなユーザーにでも広告を表示させたい……、というわけはないと思いますので、ターゲットと考えているユーザーが自社の商品やサービスを探そうと思ったときに検索をするキーワードを考え、そのターゲットユーザーに響くような広告文を設定し、その広告文に広告のリンク先ページを紐付けていけば、とりあえず広告を出すことが出来ますし、この部分をしっかりと考えて設定しておけば、ある程度の成果も見込めます。

他の部分の知識が豊富であっても、このリスティング広告の基本的な部分を重要視せず、適当に設定し広告をスタートさせてしまうとうまくいかなくなります。

失敗しないためには、まずきちんとターゲットユーザーが検索しそうなキーワードをきちんと選定する、という所からはじめ、ターゲットユーザーが、そのキーワードで検索をする時の場面やシチュエーションを思い浮かべ、どのようなメッセージを伝えればウェブサイトへ訪問してもらえるのか?という視点で広告文を作っていくと良いとおもいます。

あとはこの基本の設定プラス、自社で扱っている商品やサービスに合わせて「地域ターゲティングの設定」や「時間、曜日配信の設定」、「デバイスの設定」などターゲティングの設定をおこなっていけば、ひとまずある程度の成果の出せるリスティング広告が出来るのではないかと思います。

年々、いろいろなターゲティング設定や広告の配信機能が増えてきて、ターゲットへの広告配信がより便利になってきているのは事実ですが、新しい機能に目を奪われてしまい、基本的な部分がおろそかになってしまうというのは本末転倒ですので、まずはきちんと基本に忠実なリスティング広告の設定をしていく事が非常に重要だと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。