リスティング広告:コラム

Googleアナリティクスで「?yclid」の数値を数値を一本化する方法

リスティング広告を運用されていてGoogle広告だけではなくYahoo!広告のほうも積極的に使っているという方も多いと思います。

その効果を測定する際にGoogleアナリティクスの数値を確認すると、このように↓

Googleアナリティクス「?yclid」

Yahoo!広告の流入だけURL以下に「?yclid~」というパラメータが付いていて、ランディングページの効果を測定したり、2ページ目以降の動きをみる上で困ったことになってしまいます。

これはYahoo!の自動タグ設定をオンした時に出てくるもので基本的には全てのアカウントでオンになってています。

各ブラウザのセキュリティ機能強化による影響をなるべく受けずに、きちんとコンバージョン計測が出来るようにするための設定ですので、自動タグ設定をオンにする事は大切なことですが上記画像のようになってしまっては、きちんと効果を測定する方法が無いわけではないのですが、非常に面倒な作業になってしまうので、出来る事なら一本化して確認したいですよね。

この問題について、実はかなり簡単な作業で解決します。

Googleアナリティクスの画面の[管理]から[ビューの設定]を選択し、

Googleアナリティクス「?yclid」

[除外するパラメータ]の部分に「?yclid」を入力して保存するだけ。

Googleアナリティクス「?yclid」

これだけで完了です。

ユーザーごとに一つ一つパラメータが付いていたほうが計測しやすいなんて方もいらっしゃるかもしれませんが、一人一人の動きをみたいのであればユーザーエクスプローラーで確認する事が出来ますし、Yahoo!広告の数字を一本化したほうが大きな動きを簡単に把握する事が出来るので、そうする上ではこの設定はすべきかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: アクセス解析   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。