リスティング広告:コラム

新しい発想から新しいコンバージョンの柱を見つける

リスティング広告を運用して改善施策をおこない、ある程度成果を出すことが出来てきたアカウントで、コンバージョン数が頭打ちになってしまったというケースもあります。

今後さらにコンバージョン数を伸ばしていきたい、もう少し別のところからユーザーを引っ張りたいと考えたときに、その解決方法の一つとして新たな切り口を見つけ新たなユーザーからの流入を増やす事で頭打ちになったコンバージョン数を伸ばしていくという方法があります。

ただ新しい切り口を見つけるということ自体とても難しい事で、特に自分のビジネスに関係する事は悪い言い方をすると視野が狭くなってしまっていたり、先入観が邪魔してしまったりと、とにかく難しくなります。

しかし、切り口を見つけていく発想は考え方次第で無限に広がっていて、どこで自社の商品やサービスとつながっていくかわかりません。

無関係だと思っていた2つのものを組み合わせ、それに合わせた施策をする事で新しいコンバージョンを獲得できるケースもたくさんあります。

そういう意味ではいつもアンテナを張りながら、普段から物事を一方向だけで見るのではなく様々な角度から見ていくという事が重要です。

その新しい発想というのは、リスティング広告の改善施策を考えているときはもちろん、ウェブサイトのコンテンツを考えているときもそうですし、または全く仕事と関係ないときでも突然出てくることがあるので、その発想するという事を忘れないようにするのも大切です。

そのようにして見つけてきた新しい切り口を、可能性ありと判断した場合には改めてキーワードを作成し、そのキーワードで検索する場面を想像して自社の商品やサービスへ誘導できる広告文を作り、必要に応じて広告のリンク先ページへのコンテンツの追加なども検討していかなくてはいけません。

今現状のリスティング広告の運用状況で特に不満はないという方や、費用対効果をとにかく第一優先したいという方はこういった改善方法ではなく、別の施策をしたほうが良いと思いますが、1件あたりの獲得コストは今のままで満足しているが、目標のコンバージョン数が足りないという方、元々獲得コストはあまり気にせず、とりあえずコンバージョンの数をもっともっと増やしたいという方は、新たな切り口を発想し、そこにトライしてみることも大切なんじゃないかなと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。