リスティング広告:コラム

ターゲットに合わせたメッセージを広告文として伝えていく

一般的に「キーワードの選定=ターゲットの選定」というように考えられていますが、実はキーワードだけではターゲットの絞り込む事が出来ないケースも多々あります。

例えば賃貸物件を専門で扱っている台東区の不動産屋さんが「台東区 マンション」というキーワードをリスティング広告で設定したとします。

ですがこの「台東区 マンション」というキーワードだと台東区内で新築の分譲マンションを探している人も検索する可能性がありますよね。

分譲マンションを探しているユーザーにクリックされたところで、ランディングページやウェブサイトには分譲マンションの情報は一切載っていないので、訪問されたところで直帰の原因になり、結果として広告費の無駄となる可能性が極めて高いです。

しかし「台東区 マンション」というキーワードで”賃貸物件”を探しているユーザーは必ずいるわけで外すわけにはいきません。

そういった場合には広告文でターゲットを絞り込んでいきます。

上記の例で言えば、広告文のタイトルに「賃貸専門 台東区のマンション」という様に自社で扱っている商品やサービスは具体的にどういうものなのかをハッキリと伝えることでターゲットをさらにセグメントし無駄なクリックをなくすことが出来ます。

広告文を作成する上での考え方は様々あると思いますが、ただクリック率を上げるために目を引くようなフレーズ、過激なフレーズやイタズラに記号を用いたりなどせず、自社の商品やサービスの内容をきちんと伝えてキーワードと広告のリンク先ページとの整合性を高めることが広告費の無駄の抑制や、その後のコンバージョン率の改善などにつながっていく重要なポイントだと考えています。

リスティング広告は「検索広告」とも言われますからね、検索=キーワードと考える方も多いと思いますし、キーワードを適切に選定&設定することも非常に重要ですが、さらに効率よく広告をおこなっていくならば、ターゲットに合わせたメッセージを広告文として伝えていく事は非常に大切なことだと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。