リスティング広告:コラム

ユーザーには適切なハードルを設定することも大切

リスティング広告で反響やお問い合わせ、お申込みなどのコンバージョンを得たり、コンバージョンの数を増やしたりするためにはリスティング広告のアカウント内の改善だけで完結するわけではありません。

ウェブサイトの内容や場合によっては提供しているサービスの内容や条件などによってもコンバージョン数が変わりますし、どちらかというと、こちらのほうがコンバージョン数に与える影響力が大きい場合があります。

一般的にはこのようにユーザーに対しての”ハードル”を下げていったほうがコンバージョン数も増えていくため、下げられるものならば下げていったほうが良いのですが、なんでもハードルを下げれば良いというわけではありません。

誰でもウェルカム状態にしてしまうと、断ったりしなくてはいけなかったり成約に結びつかなくなってしまったりする事も考えられます。

“たくさんの人員を抱えていて、とにかく何でもいいから反響が欲しい”という状態であれば話は別ですが、そうではない場合のほうが多いと思いますので、断ったりする手間や時間、商談をしたりする手間や時間が取られるばかりで売り上げに結びつかないというケースもあります。

そのような状態にしないようにするためにリスティング広告では適切なターゲティング設定をしていくとともに、ウェブサイトでの伝え方でも少しハードルを設けておく必要があります。

このように意図的にハードルを設けてコンバージョンするユーザーをある程度選別していくという方法がありますが、たまに「広告主が意図していないハードル」のために、ユーザーが敬遠してしまうというケースもありますよね。

ウェブサイト内に伝えなければいけないことが書かれていなかったり、「こんな事はわかるだろう」と明記しなかったりと……。

業界内では当然、自分中では当然と認識していることでも、検索をしたユーザーがその”当然”を当然だと思っているかどうかはわかりません。

何も考えていなかったのに、ユーザーのほうが勝手にコンバージョンへのハードルを上げてしまい、お問い合わせや購入に躊躇してしまっているケースというのもありますので、そういったことがないよう伝え方にも注意しなくてはいけません。

広告主自ら「ハードルを上げる」のは、一見もったいない考え方にも思えますが、ビジネスを円滑にするためには、このような方法も手の一つとして考えていったほうがいいかもしれませんね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。