リスティング広告:コラム

閑散期にこそいろいろとトライしてみる

リスティング広告は様々な業種・業態で活用する事ができる広告ですよね。

ネットショップはもちろん、BtoBビジネスであればお問い合わせや資料請求に、実店舗を経営されているのであれば、来店促進など、用途も様々活用する事が出来ます。

また、”広告を出したいときに出す事ができる”ので、繁忙期やその商材のシーズン中に販売に力を入れるために、その期間だけリスティング広告を出稿するだとか、逆に、お店が忙しくない「閑散期」だからこそ、リスティング広告を出稿するだとか、そういった使い方をする事も出来ますよね。

この「お店の閑散期」にリスティング広告を出向するという場合、ただ、お店の都合でお客様が少なくなってきている、というのではなく、”一般ユーザーも認識の上で”の閑散期であるならば、リスティング広告もひと捻りしてしかなければいけない事もあります。

例えば、一般的に”冬が旬”だと思われている食べ物のネットショップなど。

冬であれば一般ユーザーの認識も高まり、自然と検索数も伸びていきますが夏に食べるという認識が一般のユーザーにあまりなかった場合、その食べ物のキーワードそのものの検索からの流入が見込めない場合があります。

そういう時は、すこし切り口を変えたキーワードや広告文、広告のリンク先ページを検討する必要がありますよね。

その食べ物が一般的に高級食材であるならば、「贈答用に……」というような切り口にしていく事も出来ますし、みんなで食べるものであれば、「家族・親族の集まりに……」とか、「友人たちが集まったら……」とか、そういった切り口でも集客していく事が出来るかもしれません。

普段と違った切り口でストレートに訴求するタイプではないので、そういった点、コンバージョン率などを見ながら色々と考えていかなければいけませんが、ユーザーに対して「こういうのもアリかも」と思わせることが出来たら、自然と結果に繋がっていくかもしれませんし、もし、この閑散期に「当たり」の切り口を見つけることが出来たら、ウェブ上だけではなく、リアルのマーケティング活動にも活用出来るのではないかと思います。

リスティング広告は活用の仕方次第で、様々な可能性を広げていく事が出来ます。

「今は何をやっても売れない時期だから」とあきらめてしまうのではなく、色々とトライしていく事で見えてくる可能性もあるのだと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。