リスティング広告:コラム

ユーザーの目線に立ってリスティング広告を運用する

リスティング広告に限らず、一貫性を持ってユーザー目線でのプロモーションを心がけていかなければいけません。

自分では一貫性を持っていると思っていても検索ユーザーからはわかりにくい場合もありますので、きちんとユーザー目線で広告を運用しなければいけません。

たまにインターネットで探し物をする時、検索をしながら色々なウェブサイトを見ていると広告文と広告のリンク先ページの不一致でイライラしたという経験があると思います。

広告文を見て「探している情報はこれっぽいな」と感じ、クリックしたらそうでなかった、またはその情報すごく見つけにくいという時、すごく期待を裏切られた感じになりますよね。

一貫性を持ったリスティング広告の運用というのは、具体的にはキーワード、広告文、広告のリンク先ページ(ランディングページ)に一貫性を持つことです。

キーワードはターゲットごとに広告グループをきちんと分けて、その分けたキーワード群に対しての広告文と広告のリンク先ページを用意していきます。

上記のように設定すれば、とりあえずは大丈夫だと思ってしまいますが、その広告グループ分けや広告文、広告のリンク先ページなどが検索ユーザーの立場に立ったときに本当に適切かどうかを検証しなくてはいけません。

自社で扱っている商品やサービスというのは、自分からしてみたらその商品やサービスのことは誰よりもわかっているはずなので、ある意味「プロ目線」になってしまいます。

しかし商品やサービスを探している人、自社の顧客になる人がプロであることは稀です。
「もっと知りたいのに」「もっと安心したいのに」と感じているユーザーに対して業界では当たり前のことなんだ、そんな事もわからないのかと突っぱねてしまっては売れるものも売れませんよね。

そうならないためにも、第三者を含めて自社で扱っている商品やサービスのこと、ターゲットユーザーのことなどをブレストし、ユーザー像とそのユーザーが商品やサービスを使うとき、欲しいときはどういう時なのかなど想像しながらターゲット設定して、アカウントを作っていくことが大切だと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。