リスティング広告:コラム

広告文はキーワードとセットにして考える

リスティング広告においてキーワードの選び方というのは非常に大切ですが、同じくらい大切なものに「広告文」があります。

たまに広告文を軽視しているというか、あまり重要視せずに「掲載順位が高ければどんな広告文でも同じだろう」的な事を考えている方もいらっしゃいますが、キーワード選びよりもむしろ広告文での伝え方の方が重要度が高いなんて事もあります。

広告文は基本的にキーワードとセットにして考えなければいけません。

例えば検索キーワードからターゲットユーザーのニーズや悩み、要望が読み取れるようなものについては、そのターゲットに向けたメッセージの伝え方、悩みや要望に応えることが出来るというメッセージを伝える事でターゲットユーザーに届きやすく、共感や納得もしてもらいやすくなります。

また検索キーワードが意味の広いキーワードだったり、購買意欲の高いユーザーからそうでないユーザーまでを拾う事が出来るビッグワードだったりする時には、広告で出稿をしているサービスや商品がどういうものなのかを明確に伝えることで誤クリックやコンバージョンに繋がらないクリックを防いでいく事も出来ます。

もちろんそういった所謂”無駄なクリック”を100%防げるものではありませんが、少しでも防ぐための努力をしていき、無駄なクリックを省く作業を積み重ねていくことは非常に大切です。

このように広告文はキーワードとセットで考える必要があるので、必然的にキーワードと広告文を紐付ける役割のある広告グループの中に設定するキーワードの数というのはあまり数は多くなりません。

意味の近いもの、ほぼ同義のキーワードが同一の広告グループ内に登録されるべきであり、広告グループ内にキーワードを一つだけにするというのも手段の一つだと思います。

最初のうちはある程度適当に広告グループ内のキーワードを設定した方もいらっしゃると思いますが、そういった方も検索クエリなどを見て「このキーワードに対してこの広告文出されても意味通じないよな」とか「こんなこと言われても響かないよな」なんていうことも多いと思いますので、そんな時には、広告文を差し替えたりすると共に、広告文を分けたほうがいいキーワード(検索クエリ)がある場合にはきちんと広告グループで分けて、それぞれキーワードに合わせた広告文を設定するようにしていくと、パフォーマンスも変わっていくと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ubimc/i-m-c.co.jp/public_html/ad_column02/wp-content/themes/imccolumn/single.php on line 155
お気軽にお問い合わせください
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。