リスティング広告:コラム

検索クエリは単体で改善するのではなくグループ化して改善を行う

リスティング広告がきちんと機能しているかどうか確認する時や、リスティング広告の費用対効果を改善したいと考えた時の手段の一つに「検索クエリを確認する」という方法がありますよね。

キーワードを入札する時にマッチタイプを”部分一致”にしていた場合、入札をしたキーワードとピッタリ一致していなくても、例えば、その前後に他の単語が付いていた時や同じような意味のキーワードをユーザーが検索した時でも、自社の広告が出るようになります。

この部分一致は、「ターゲットではないユーザーに対しても広告が表示されてしまう」というデメリットもありますが、同時に「考えつかなかったターゲットキーワードなどにも広くに広告を表示させることが出来る」というメリットもあります。

リスティング広告はクリックされなければ費用はかかりませんので、部分一致で設定した場合には、広告が表示されたとしてもクリックをされないような、考え抜いた広告文を設定したりしますが、そうしたとしても少なからずターゲットではないユーザーからのクリックが発生する事もありますし、幅広く広告を表示させるため、”ターゲットキーワードだけれどもコンバージョンが発生しない”などという検索クエリなども出てきたりします。

なので、きちんとターゲットユーザーがクリックしているか、ターゲットではないユーザーを極力排除する事が出来ているか、とか、足を引っ張っている検索クエリは無いか、などの確認を検索クエリレポートでおこなうのは、部分一致でキーワードを設定している時には、ある意味必須な作業と言えると思います。

この検索クエリレポートを確認し、「効果的ではないキーワードを見つけて除外したい」と考えた時に、レポートをCSVでダウンロードし、コンバージョン率の低い順にソートして、効果的ではない検索クエリを見つけたり、クリック数が多い(広告費がかかっている)けれどもコンバージョンになっていない検索クエリを探したりすると思いますが、その際に、”グループを作れるか”意識しておくと、改善も効果的に進みます。

例えば、男性、女性と特にターゲットを区切った商品やサービスではないが、検索クエリに「○○ 男性用」とか「△△ 女性用」なんて出てくる場合など。

そういう場合、一つの検索クエリだけではなく、「男」というキーワードが入っている検索クエリ、「女」というキーワードが入っている検索クエリとそれぞれに抜き出してグループにし、それぞれのグループごとのパフォーマンスを見比べてみると、より顕著な数字として比較できる場合があります。

検索クエリとは、語句内の文字一つ違うだけでも別の検索クエリとして認識されるため、まったく同じ意味合いの検索クエリだったとしても、その検索母数の違いから、パフォーマンスが違うと判断してしまう事もあります。

検索母数=広告の表示回数が少ないと、1件のコンバージョンでもコンバージョン率がすごく高くなっていたりすることもありますが、基本的にターゲットユーザーが求めていない、またはマッチしていない検索クエリであるならば、それらは排除する対象とも考えられます。

コンバージョンが付いててクリック数が少ないならそれはそれで良いではないか、と考えることも出来ますが、検索クエリをグループ化した中でパフォーマンスが低いクエリであれば、その検索クエリも長い目で見ればパフォーマンスが低くなると判断したほうが最適化は進みます。

上記のように、検索クエリ単体でいる/いらないと判断するよりも、検索クエリを”グループ化して”パフォーマンスを比較したほうが改善も進み、パフォーマンスの向上にもつながりますので、検索クエリレポートで改善をする場合には、グループ化できないか、という事を頭に置いてみてみると良いかもしれませんね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。