リスティング広告:コラム

どうしたら欲しいと思ってもらえるのか?を考える

リスティング広告の出稿に関する様々なご相談をいただくのですが、ごく稀に「この商品、お店では全然売れないんだよね」とか「ウチのサービス、営業マンがいろいろな方法で営業しているけど全然引き合いないんだよね」というようなご相談をいただくことがあります。

「でも、これってネットとの相性が良さそうだからリスティング広告お願いできませんか?」と・・・。

要は、現実には店舗に商品を置いておいても、営業マンを使って営業して売ろうと思っても全然売れずに、せめてもの販路としてリスティング広告で売っていきたいという事のようです。

もちろん私も仕事ですから、どうしてもと頼まれればやらない事もないですが、経験上、”現実で売れないものはリスティング広告でも売れない”事が多いです、と言いますかほとんどと言っていいほど売れません。

ちょっと乱暴な考え方かもしれませんが、「いろいろな手段で売ろうと思ったけれども売れない=欲しいと思う人がいない」というように考える事も出来るので、その商品やサービスに対してほしいと思う人がいないのであれば、それはどんな方法であろうと、仮にリスティング広告であろうと売れるわけが無いですよね。

ネット上だと、その商品のマイナスの部分を隠したり誤魔化したりすることが出来ると思っているのかもしれませんが、仮にマイナス部分は隠せても、「プラス部分」が無いことには売れません。

欲しいと思える部分が無いのに「ネットでは売れる」なんて思う事自体が間違いなのではないかと思います。

そういった時は、リスティング広告やそのほか販促の部分を見直すのではなく、「その商品やサービス自体を見直す」事が先決です。

売るものは同じでも、その商品に自社独自の価値を付けることで売れる場合もありますし、商品そのものよりも、その部分こそがお客様が欲しがっている部分だったなんて事はよくあります。

世の中に出回っている商品やサービスをもう一度見まわしてみてください。

同じ商品を売っているのに、このお店では買いたいけれどもこのお店では買いたくないなんてこと、結構ありますよね。

電化製品でなんか良い例かもしれません。

amazonでも楽天市場でも同じ商品が多数販売されてますよね。

価格もバラバラなので、価格が一番安いところを探すという方もいらっしゃると思いますが、それだけではないですよね。

保障がしっかりしている、即日発送、レビューの評価が良い、など判断材料は人によって様々だと思いますが、無意識にしろ意識しているにしろ、なにかしら「このお店から買いたい」と思える付加価値があるはずです。

「レビューの評価なんて商品やサービスと関係ないじゃないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、例えばレビューに「電話で質問したら店員さんが丁寧に説明してくれて安心しました。」なんて書いてあったら、その人にとって、まさにそれが商品購入の決め手になった、他にはない独自の付加価値なのです。

こういった部分も含めて見直しが出来るかどうか、という点が大切なのだと思います。

もしネットでも、ネット以外の方法ででもあまり売れないなと思ったら、自社の商品やサービスを今一度見直し、「どうしたら欲しがられるものになるか」考えてみるのも改善策の一つだと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ECサイト向け   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。