リスティング広告:コラム

契約に繋げるためのコンバージョンを意識する

リスティング広告に限らず、営業活動やマーケティング活動をおこなう場合には「ターゲティング」が非常に大切ですよね。

“何でも、どこでもいい”と、数撃ちゃ当たるとばかりにやっていては、時間もコストもかかる一方で、効率のよい営業活動は出来ません。

きちんと「誰がお客様なのか」という部分を明確にした上で、さらに狙っていく場所や伝えるメッセージを考えていくという事が、リスティング広告を運用する上でも非常に大切になってきます。

リスティング広告を運用する際に、「コンバージョン」を目標の成果としている方も多いと思いますが、このコンバージョン計測をする際にも、注意が必要です。

リスティング広告を運用していると、どうしても「コンバージョン数を増やさなければ!」とか、「1件あたりの獲得コストを下げなければ!」というような意識になってしまいがちですが、コンバージョン数を増やせば良いかと言ったら、必ずしもそうでない場合があります。

例えば、BtoBなどコンバージョンを「お問い合わせ完了」に設定している場合。

お問い合わせ完了というのは、あくまでも見込み客からのアクションの一つであって、お問い合わせ数が増えたからといって、売り上げが上がるとは限りません。

例えば、お問い合わせ→アポイント→成約という流れで売上に繋がっていく業種の場合には、ただ単にコンバージョンを増やせばいいわけではありませんよね。

リスティング広告の管理画面上では、きちんとコンバージョン数が伸びていて、一見、効率的な広告運用が出来ていると思っていても、実際の成約数=売り上げが伸びていないなんていう事も起こり得ます。

リスティング広告でのコンバージョンまでしか見ていないで、”成約に結び付かないコンバージョン”の数をとにかく伸ばそうと施策をしていては、結果として的外れですよね。

もちろん、お問い合わせ→アポイント→成約という流れであったら、「アポイント」だったり「クロージング」の部分に成約に至らない原因があるということも考えられますが、きちんと”自社のサービスや商品に合ったユーザーをウェブサイトへ引き寄せていないのでは?”という事も同時に考えることが出来ます。

成約に結び付かない、無駄なお問い合わせや無駄なアポイントばかり増えてしまっては意味がありませんので、こういったことにならないように「コンバージョン数を増やす」というのではなく、「成約数を増やす」という意識で、「お客様となるユーザーは誰なのか?」というところから考えて改善をしていかなければいけません。

「コンバージョン数をとにかく増やして(成約に対する)母数を増やすんだ」という考え方もあると思います。

そういった考え方も間違いではないと思いますが、お客様とのアポイントだって人が必要になってきますし、そうなると人件費もかかります。

1件あたりの成約に対する広告費も多くかかってしまう恐れがありますので、リスティング広告の運用をする段階で「成約率の高いコンバージョン」という事を意識しておくのは悪いことではないと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。