リスティング広告:コラム

蓄積されるデータを大切に

リスティング広告は、「即効性のある広告」ですので、ウェブサイトの立ち上げ時や期間限定の集客をする時に効果を発揮しますよね。

ターゲットユーザーが検索をしそうなキーワードを設定しておけば、検索されたときに検索結果の上位に、(基本的な設定や広告費の入金などが済んでいれば)すぐに、自分のタイミングで表示させる事が出来るので、仮にウェブサイトを公開したその日に反響を得る、なんてことも可能となります。

このようにリスティング広告は「瞬発力がある」と思っている方も多いので、”長く継続してリスティング広告を運用する事”のメリットはあまり無いんじゃないか?と思っている方もいらっしゃると思います。

もちろん、業種・業態によっても変わってくるのかもしれませんし、集客しても捌ききれない時にもリスティング広告を出稿し続けるなんてことは意味の無い事なので、そういう事は止めたほうがいいと思いますが、リスティング広告は”運用型広告”なので、長く運用していったほうが、より精度の高い集客や費用対効果の高い広告活動が期待できます。

代表的な例で言えば、「検索クエリのデータ」や「除外キーワード」などがあります。

ユーザーが検索をする時に使ったキーワード(検索クエリ)は、リスティング広告を運用していくと、そのデータを溜めていく事が出来ます。

リスティング広告で設定するキーワードのマッチタイプを「部分一致」で設定している場合、その設定するキーワードの前後にキーワードが付いている場合や、意味が似ている別のキーワードでも広告が表示されます。

そういった”ユーザーが実際に使った検索クエリ”には、そのユーザーの気持ちやニーズなどが隠れているケースが結構ありますので、そういった検索クエリを、ウェブサイトの新たなコンテンツ作りに活用したり、新たな切り口として活用したりする事も出来ます。

また、このような活用法がある半面、部分一致には「ターゲットではないユーザーの検索クエリでも広告表示がされてしまう」という、ちょっと厄介な面もあります。

そういったミスマッチを無くすために、「部分一致だけれども○○というキーワードが含まれている場合には広告表示しない」という設定が「除外キーワードの設定」になります。

あらかじめ想定できる除外キーワードは設定しておきますが、検索ユーザーは、想定をはるかに超える検索をする事が多々ありますよね。

そういった想定できなかったキーワードについては、日々検索クエリをチェックし、除外しなければいけないキーワードが出てきたら除外キーワードとして設定する、という事を繰り返しおこなう事で、ターゲットユーザーへのリーチも精度が高いものになります。

このように新しいコンテンツを得ることや、同じ広告活動であっても精度の高いものにしていく事が出来るという点は継続してリスティング広告を運用するメリットとも言えると思います。

先ほど書いたように、意味なく継続する事はよくない事だと思います。

広告を出稿するための目標があってこそだと思いますが、その上で蓄積されていくデータというのは、かけがえのない財産にもなりますので、「継続しても意味が無い」という考え方はやめたほうが良いと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。