リスティング広告:コラム

仮説と検証を繰り返してコンバージョン率の改善を

リスティング広告を運用されている方にとって、コンバージョン率というのは販売や会員獲得などに非常に重要な指標であり、日々改善を繰り返していると思います。

コンバージョン率はリスティング広告のアカウントだけでは改善しきれない場合も多く、そういったときはリンク先であるランディングページやサイトの改善が不可欠だと思います。
今日はそのランディングページやサイトの改善法として考え方の1つを書きたいと思います。

リスティング広告はあくまでも「見込み客をサイトへ流入させる」ツールの一つで、たしかに数多く流入させることでコンバージョン数が増えることはありますが、広告費は無限にあるわけではないので、より効率よくコンバージョンに結びつけるためにはコンバージョン率を改善しなければいけません。

まず、ターゲットからの流入がサイトの中でどのように動いているのかアクセス解析で確認します。
その後、コンバージョンに至らなかったユーザーはどこで躓いているのか、離脱しているのかを見つけて、なぜ躓いたのか、離脱したのか仮説を立ててその仮説を基に改善施策を考えます。

仮に、直帰率が高いといった場合、「次ページや購入フォームへの導線がわかりずらいから直帰してしまっているのではないか」とか、「そもそも流入しているユーザーが的外れなのではないか」とか……。

次ページ、もしくは購入フォームへの導線がわかりづらいというのであれば、その部分をアクセス解析の数値で確認すればわかりますし、そもそも流入しているユーザーが的外れというのであれば検索クエリで本当に的外れなのかどうか確認することが出来ます。

そこまでわかってしまえば、「ではどうすれば次ページや購入フォームへ遷移してもらえるのか」とか「本当に狙っているユーザーを流入させるためのキーワードは何か」などの施策をおこなうことが出来ます。

そしてしばらく時間を置き、その施策が合っているのか、間違っているのかをまた再度検証し新たな穴を見つけ仮説を立てて改善をおこなう。
それを繰り返すことで結果としてコンバージョン率の改善に繋がると思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。