リスティング広告:コラム

A/Bテストの結果はターゲットユーザーに見てもらえているという前提で

リスティング広告の効果をさらに上げていくために、A/Bテストをおこなっている方も多いと思います。

AとB、2つのクリエイティブを用意し、どちらが効果的なのかを数値で計測し、優れているものを残し、良くなかったものは新しいクリエイティブに変更し、またテストを重ねていく、というのがA/Bテストの基本だと思います。

リスティング広告では主に、広告文や広告バナー、またはランディングページ(広告のリンク先ページ)で、このA/Bテストを活用し、改善をしていく事が多いと思いますが、このA/Bテストをおこなう際に、一番と言っていいほど重要なことが「ターゲティングがしっかり出来ているか」という事です。

例えば、広告文やバナーのA/Bテストをおこなう場合でも、「ターゲットユーザーに届いていること」が前提であり、ターゲットではないユーザーのクリック率を良くしても仕方ありませんので、もしターゲットユーザーに届いていないのであれば、いいか悪いかの判断をすることも出来ませんよね。

またランディングページのA/Bテストをするときも同様に、ターゲットユーザーに見てもらえていないのであれば、その判断はつきません。

前提として「きちんとターゲットユーザーが見ている」という事がなければA/Bテストの意味もありませんし、その期間やその時に使った広告費というのは、無駄になってしまうと言っても過言ではありませんよね。

YDNやGDNでは、短期間でたくさんのユーザーにリーチ出来るからと、バナーのA/BテストにDSPを使用するというケースもありますし、実際にやっている方も多いと思いますが、これも”きちんとターゲティング出来ているのか?”という点が非常に重要で、その部分を重要視せず、「とにかくたくさんの人に見てもらおう」とやってしまってはまったく意味がありません。

もちろんですが、きちんとターゲティングされていなければコンバージョンにも結び付きづらいと思いますので、リスティング広告を導入する初期の段階でも”ターゲティング”というものを意識して設定し、さらに、リスティング広告をスタートさせたあとでも、定期的に”きちんとターゲットユーザーに広告を届けられているのか”という事を見直す必要があります。

DSPも含めて、リスティング広告はきちんと設定をすれば、”ターゲットユーザーに届けることが出来る広告”です。

A/Bテストをする際でも、「ターゲットが見ているのか、いないのか」で結果も大きく変わってくると思いますので、ターゲティングの部分だけはきちんと設定/確認を怠らないように注意しましょう。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。