リスティング広告:コラム

コンバージョン数をより伸ばすためにキーワードを育てていく

リスティング広告はユーザーが検索するキーワードに連動して表示される広告なのでキーワード選定がリスティング広告を成功させる第一歩だという事は、皆さん認識されていると思います。

リスティング広告を導入しようと思った時には、「ああ、こういうキーワードで検索された時に広告が表示されたらいいな」というように考え、キーワードを選定していきますが、ユーザーが検索をする傾向などを考慮しながらキーワードを探したり、組み合わせたりというような選定方法は、代理店や普段からリスティング広告やSEO対策の事を考えている担当者なら簡単ですが、通常の広告主の方々が同じようにやろうと思っても、メインとなるキーワードを選ぶ事は出来ますが、組み合わせやマッチタイプなどを考えてキーワード選定する事はちょっと難しいかもしれませんね。

仮にメインとなるキーワードだけでリスティング広告を始めたとしても、うまくリスティング広告のパフォーマンスを引き出せなかった、という事は結構あります。

また代理店など所謂プロに依頼をしてうまくキーワードを組み合わせてリスティング広告を始めたとしても、あとからの効果検証で不十分だった、最大化出来ていなかったという事もあります。

リスティング広告は広告主側で考えるターゲットが検索しそうなキーワードに対して先回りして広告を用意しておくようなものですが、検索をするユーザーというのは想像もしなかったキーワードで検索する事が多々あります。

そういった、ユーザーが実際に検索をしたキーワードというのは検索クエリレポートで確認する事が出来ます。

検索クエリレポートを見てみると、「たしかに、こういうキーワードは有効だな」というものもあれば、中には「なんでこんなキーワードでコンバージョンするのか?」と思ってしまうようなものもあり、初期の段階で考え設定したキーワードだけでは不十分だったという事がよくわかりますよね。

「今まで思いつかなかったけど確かにこういうキーワードは有効だな」と思えるようなキーワードを見つけた時は、そのままアカウントへそのキーワードを追加したりすれば良いと思います。

ですが「こんなキーワードで検索する人なんかいないだろ」と思うようなキーワードで、しかもそういったキーワードでコンバージョンをしているなんて事もあるため、コンバージョン数を最大化させるためには、キーワードのマッチタイプの部分一致もうまく使っていく必要があります。

また検索クエリレポートは、キーワードを部分一致で設定している場合には、扱っている商品やサービスとはあまり関係の無いキーワードで広告表示され、クリックされている事もありますので、そういったキーワードには広告表示させない「除外キーワード」を見つける際にも活用する事が出来ます。

リスティング広告は運用型の広告なので最初に設定をしたらそれっきり……というのはハッキリ言ってNGですが、それはキーワード選定においても全く同じです、と言いますかキーワードに手を入れてアカウントを育てていく事はリスティング広告を運用する上で非常に重要な作業だと思っています。

検索クエリレポートを確認し、予想外のキーワードでのクリックやコンバージョンがあった時に、「ああ、たまたまだろ」と片付けてしまうのはすごくもったいない事で、予想外だったからこそ「なんでだろ?」と考える事で、よりユーザーの気持ちを理解する事に繋がりユーザーの気持ちを理解する事でコンバージョン増の施策が生まれてくるのだと思います。

より効果的なリスティング広告の運用をしていきたいと思うならば、キーワードも含めて定期的に効果検証と改善を繰り返していくことが大切なんだと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: キーワード   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。