リスティング広告:コラム

アクセス解析でユーザーを知る

リスティング広告を運用する際、アクセス解析の数値を一緒に見ながら改善施策をおこなっていくことが大切ですが、アクセス解析の数値の色々と見るところが多くてどこを見ていったらいいのかわからないという方もいらっしゃいますよね。

まず前提として、アクセス解析は全て見ようとせずに目的に合わせて見ていくことが大切です。

リスティング広告を最適化していく上でアクセス解析を見る目的は様々ありますが、ざっくり分けると以下3つくらいでしょうか。

・施策前後の効果を知りたい
・ウェブサイトにアクセスしてくるユーザー像を知りたい
・広告のリンク先ページやウェブサイトの改善をおこないたい

施策前後の比較は大切ですよね。

リスティング広告導入前後のウェブサイトのユーザー変化や、ターゲットユーザーを絞った場合のウェブサイトへの影響など見ていくことで行った施策が効果的だったのかどうかを判断する材料にします。

どの部分を見ていくかというのは、行った施策によって変わりますが全体的な数値や検索エンジンからの流入の数値などは毎回見ていかなくてはいけませんね。

ユーザー像を知るというのは、ユーザーを絞り込んだ結果ウェブサイトの数値はどのようになったのか、どんな人がアクセスしているのか、新しいターゲット層がいるのかどうか、などです。

このユーザー像を知ることでリスティング広告改善の次の一手に繋がっていきますので非常に重要ですね。

時間別、曜日別、地域別などで見ていくこともユーザーの事を理解するための見かたの一つだと思いますが、そういったデータもリスティング広告の改善に役立てていけますね。

広告のリンク先ページやウェブサイトの改善をする場合も同様に適切なターゲットからのアクセスがあるかどうかという点で、ユーザー像を知る事からしなければいけません。

適切なユーザーからのアクセスがある場合は、広告のリンク先ページや各コンテンツの数値、ページ遷移、フォームまでの動線、フォームからの動線を確認していきます。

ウェブサイト内の改善を行う場合、改善方法の考え方はたくさんあると思いますが、アクセス解析の数値からボトルネックとなっている部分を見つけ、ユーザー像から仮説を立てて改善していくと良いかもしれませんね。

以上、アクセス解析は慣れていないとなんだか小難しそうに感じると思いますが、まずが全てを見ようとせずに大切な部分からザックリ見て慣れていくことからはじめると良いかもしれませんが、「ユーザーを知る」という事はいつも頭の中に入れておかなければいけないポイントだと思います。

またアクセス解析の活用法は本当に人それぞれですので自社サイトに合ったアクセス解析の活用方法を見つけて運用、改善をしていきましょう。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: アクセス解析   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。