リスティング広告:コラム

ユーザー像を想像してキーワードをひろげていく

リスティング広告の運用を始めるとき、一番初めに考えるのが「どのキーワードで出稿しようか」という事だと思います。

リスティング広告はキーワードに連動して表示される広告なので、キーワードの選び方やその後の最適化が重要だという事は皆さん理解していると思いますが、どのようなキーワードが自社のウェブサイトにとって有効かは正直なところ試してみなければわかりません。

誘導の仕方や広告のリンク先ページの内容によっては意外なキーワードでコンバージョンが発生する事もありますので、予算にもよりますが、まずは様々なキーワードで出稿してみて、そのキーワードが効果的なのかどうか等の取捨選択などを行っていきたいですよね。

そこで、メインのキーワードと共に様々な切り口から「キーワード出し」を行わなければいけないのですが、自社の商品やサービスを探している人が検索しそうなキーワードを考えた時に、すぐにたくさんの種類のキーワードが出る時もあれば、あまりキーワードの種類が出ない時もあります。

あまりキーワードの種類が思い付かないという時は、自社の商品やサービスの内容や特長などからの発想だけではなく、「ユーザー(自社の商品やサービスを買ってくれるお客様)の願望は何なのか」という所から発想すると、色々と出てくるかもしれません。

その商品、サービスを欲しいと思った動機、必要だと思った状況や症状などを考えていくと、キーワードの幅を広げていく事が出来ます。ユーザー像をより明確にし、様々なお客様のパターンを考えると、あれこれと出てくると思います。

それらユーザーの願望から出していったキーワードは、その願望ごとに広告グループとして設定し、それに合わせた広告文を紐付ける事で効果が上がりやすくなる事はもちろんですが、効果測定もしやすくなり、そのデータを蓄積していきアクセス解析の数字と合わせて見る事でウェブサイトの改善などにも役立てる事が出来ると思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ターゲティング   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。