リスティング広告:コラム

コンバージョン数が減ってしまった時の傾向と対策

リスティング広告を運用していると、今まで比較的調子よくコンバージョンが獲れていたのに、急にコンバージョンが取れなくなる、といったこともありますよね。

今まで月間通してコンスタントにコンバージョンが取れていたのに、急にコンバージョンが取れなくなるとすごく焦ったりしますが、一時的なもので、なにも対処しなくても、また自然とコンバージョンが取れてくる時もあれば、そのまま取れなくなってしまう事もあります。

取れていたコンバージョンが取れなくなるというのには、もちろん原因がありますので、きちんとその原因を確認し、必要であれば対策を講じていかなくてはいけません。

今まで取れていたコンバージョンが取れなくなる原因として、まず確認しておきたいのが、”検索の傾向が変わっていないかどうか”です。

リスティング広告を現在運用されている方は、一つのキーワードで運用しているよ、という方はほとんどいらっしゃらないと思います。

大抵の場合、複数のキーワードで運用をされていると思いますが、それらキーワードごとに数値を確認していき、コンバージョンが取れていたキーワードの露出が減っていたり、クリック数が減っていたりしていないかどうか確認します。

例えばですが、一つのキャンペーンで運用をしていた場合、コンバージョンがあまり取れていないキーワードにクリックが集中してしまい、コンバージョンが取れていたキーワードへの予算が不足してしまったためにコンバージョン数が減ってしまった、という事もよくあります。

このほかにもコンバージョンが取れていたキーワードのクリック率が下がってしまった、掲載順位が少し落ちているなど、今までと検索の傾向が変わってしまったためにコンバージョンが取れなくなってしまうということは考えられますので、そういった点を確認し、もし原因を見つけることが出来れば、適宜施策をしていくと元に戻るかもしれません。

また、この他には”競合他社の動向”というのもコンバージョン数が変化する要因の一つになりますよね。

競合他社が増えた、今までは下位にいた競合他社が自社の広告よりも上位に上げてきた、など、そういった事もコンバージョン数が下がってしまう原因となります。

また他社も増えていない、掲載順位も下がっていないという場合でも、”競合他社の広告の打ち手が変わった”なんて事も影響を受けることがあります。

元々リスティング広告というのは、限られたターゲットユーザーを他社と取りあうものです。

広告文を変えた、ランディングページの訴求内容を変えた、使いやすい申し込みフォームにした、など、競合他社が広告の打ち手を変えてくれば、少なからず自社の広告も影響を受けます。

毎日毎日、競合他社の広告を見るなんて事は現実的に不可能かもしれませんが、リスティング広告を運用する上で競合他社がどのような広告を出しているのかというのは知っておくべき事ですので、そんなに頻繁にじゃなくてもいいですが、定期的に他社の広告を見るということはやっておいた方がいいかもしれません。

上記以外にも、急にコンバージョンが取れなくなる原因はあるかもしれませんが、上記の方法は比較的簡単にチェック→改善が出来る箇所だと思いますので、当てはまる方が居ればぜひ確認してみてください。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: コンバージョン   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。