リスティング広告:コラム

広告文は文字にして確認を

リスティング広告の運用を一人でやっている方であれば、こんな問題は起こらないと思いますが、複数チームで運用をしていたり、運用の作業自体は一人だけれども、何かしら変更をする時には上司の了解をもらわなければいけない場合などに、新しい広告文を作る際、「ちょっといま作った広告文、声に出して読んでみて」と言って、目を瞑っちゃうような方がたまにいらっしゃいますよね。

いろいろと議論をする場で、意見を出し合って決めるのは良い事だと思いますが、意見を出し合った結果、この広告文にしようか、という段階で、広告文を声を出して読み、決めるというのはあまり良い事だとは思いません。

理由は明確で、「検索をするターゲットユーザーは広告文を”音”で聞いているのではなく、あくまでも”文章”として読むから」です。

ターゲットユーザーは実際に広告文を目からの情報として受け取り、クリックするのかしないのかアクションを決めていきます。

「声に出して広告文を聞いたって、目で見て読んだって同じ事書いてあるんだから一緒だろ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ意味、同じ言葉だったとしても、文字が変わることで印象も変わることがあります。

例えば、漢字/ひらがな/カタカナなど。

漢字を使うのか、ひらがなを使うのか、それともカタカナを使うのかなどでも受け取る側の印象がだいぶ違います。

広告文の中に料金を入れようとした場合、「3000円」とするのか、「3千円」とするのか、「三千円」とするのかでも、だいぶ変わってきますよね。

漢字でもひらがなでもカタカナでも数字でも、声に出して読んでしまえば全て同じになりますが、文字は変わりますし、文字が変わると、その印象も若干変わってきます。

また、広告文はGoogle広告、Yahoo!プロモーション広告と文字数がそれぞれ決まっていて、伝えたい文言がタイトルに入っているのか、説明文に入っているのかでも広告文の印象はだいぶ変わります。

なので、そういった意味でも、広告文を「目で見て確認する」というのは非常に大切なことなのではないかなと思います。

もちろん議論中はあれこれと声に出してブレストしながら案を出していったほうが、議論も活発になりますし、いろいろとアイデアも出てくると思いますので、議論自体はすごく良い事だと思います。

ですが実際に広告文として完成させていくときや、実際に広告文を設定する時など最終的にはきちんと文字の広告文にして確認するとより良い広告文が作れるのではないかと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: 広告文、クリエイティブ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。