リスティング広告:コラム

まだほかに改善をするところはないのか?

リスティング広告で限られた予算内で成果を最大限に出そうと思ったなら、費用対効果の高い部分へ予算を集中投下する事がもっとも成果の上げやすい方法だと思います。

アカウントの構造はそれぞれ違うと思いますので、キャンペーンごと、広告グループごと、キーワードごとにと、効果を測定し、より効果の高いと思われる部分に予算を集中投下し、あまり効果的ではない部分は停止にしていくという方法で改善を行っていくと、より費用対効果の高いリスティング広告の運用が出来ますよね。

また、掲載順位の見直しやクリック単価の見直しを行うことで、さらに費用対効果の改善を見込むことが出来ます。

このように無駄な所は省いていき伸ばせるところは伸ばした、という改善をおこなった結果、目標の1件あたりの獲得コストに達していなかったとしても、ある程度の改善は出来たし、もう打ち手が無いからと、諦めてしまう方もいらっしゃいますが、それだと非常にもったいない事になる場合もあります。。

まだ伸びしろはないのか?まだ改善する手段はないのか?という所から再度考えていくと、前に進むための施策が浮かんでくる事もあります。

先程の例で言えば、効果の高いと思われるキーワードに広告費を集中投下し、掲載順位やクリック単価の調整をすることで1件あたりの獲得コストをある程度下げる事が出来ます。

その後、さらに1件あたりの獲得コストを下げていきたいと思うならば、コンバージョン率の高い時間帯であったり、地域であったり、曜日、デバイスなどを探し、さらに絞り込んでいくことでコンバージョン率を上げることが出来、結果として1件あたりの獲得コストを下げていく事が出来ます。

Yahoo!プロモーション広告でもGoogleアドワーズでも、広告の配信地域を詳細に指定することが出来るようになっていますし、曜日配信や時間配信など、広告の配信スケジュールもあらかじめ指定しておくことが出来ます。

また、キーワードのマッチタイプを部分一致などで設定している場合には、検索クエリを確認し、実際にコンバージョンになっている/コンバージョン率の高い検索語句、コンバージョンになっていない/コンバージョン率の低い検索語句を確認し、必要に応じてマッチタイプの変更や除外キーワードの設定/追加をしていくことも、費用対効果の改善に繋がります。

この他には広告文の見直しをすることで費用対効果の改善をしていく事が出来ます。

広告文の変更はコンバージョン率にあまり影響を与えないと思っている方もいらっしゃいますが、実際には広告文を変えることでコンバージョン率が改善される事もよくあります。

自社の商品やサービス、検索するユーザー、入札しているキーワード、広告のリンク先ページ、競合他社を再度確認し、広告文を変更していくという作業も費用対効果の改善に繋がりますよね。

こうして考えていくと、効果の高いキーワードに広告費を集中投下していく事以外にも、1件あたりの獲得コストを下げて、費用対効果を改善していく方法は様々ありますよね。

1件あたりの獲得コストを下げていく事は、リスティング広告を運用する上ではもちろん重要な事ではありますが、絞りすぎてしまうと獲得コストは下げられても数が取れなくなる恐れがあります。

また、今は良いかもしれませんが、1件あたりの獲得コストやコンバージョン率は競合他社の出稿状況によっても変わりますので、短期的な施策というのであれば良いのかもしれませんが、中長期的に見ると、あまり一つに集中するのは得策ではない場合もありますので、その点意識して注意しておきましょう。

リスティング広告では、新しい機能もどんどん追加され、それに合わせて打ち手も増やしていく事が出来ますので、そういった情報は常に仕入れておく事も大切な事なのかもしれませんね。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
獲得コストを下げるにはどうすればいいの?気になることがありましたら、お気軽にお問い合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   パーマリンク

コメントは受け付けていません。