リスティング広告:コラム

改善は数字の先にいるターゲットに目を向ける

リスティング広告で日々アカウントの改善を行っているにもかかわらず、徐々にパフォーマンスが落ちていってしまった、なんてことありますよね。

「自分はこんなにも頑張っているのに!」という気持ちにもなりますが、そういう時って、大抵”ターゲットユーザーのズレ”が原因なんですよね。

すなわち、最初に思い描いていたターゲット像から徐々に離れていってしまったことに原因があることが多いです。

なぜこのようなことが起こるのかというと、やはり「数字をよく見て数字を改善しようとするから」なのかなとも思います。

リスティング広告を運用するうえで、数字をよく見ることはとても大切なことです。

それぞれの数字の意味を適切に把握したうえで、その数字をどのように改善していくのか?という事の繰り返しが「リスティング広告を運用する」という事にもなりますが、数字の先には、あたりまえですがお客様がいらっしゃいます。

リスティング広告の効果を改善する=経営課題の中の主に集客の部分を解決するという事ですので、改善すべきはリスティング広告の数字ではありませんよね。

まずはお客様のほうを向いて、そこからどうするのか考えていかなければいけませんが、数字ばかり追いかけていると、ついお客様(ターゲット)の事を置き去りにしてしまう事があります。

お客様不在のまま改善をしたところで、良い結果が出るわけもなく、徐々にパフォーマンスも落ちていってしまい・・・。

そうならないためにも、きちんとターゲット像を常に明確に持ち続けて改善をしていくのはもちろんのこと、もしパフォーマンスが落ちてきたら、また改めてペルソナを作り、ズレた感覚を元に戻す作業が必要となります。

ここで再度作るペルソナは、今までのペルソナを踏襲する必要もなく、最初に作ったペルソナと違っていても問題は特にありません。

大切なことはターゲットを中心に置いて改善施策を考えることであって、ペルソナの出来自体、あまり問題ではないように思います。

初めに作ったペルソナなんて、そのまま変わらずという方のほうが少数派なくらいリスティング広告を運用してみて初めて気が付くことも多いですよね。

何が正解か、何が間違っているかというのはここでは関係はなく、あくまでも改善施策は「お客様を向いて」という事。

そのために、もし感覚がズレてきてしまったら、初心に戻る意味も込めて、ペルソナづくりをするといいと思います。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: ターゲティング   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。