リスティング広告:コラム

媒体の特長をよく理解して広告媒体を選ぶ

色々な商材、ビジネスでdsp(ディスプレイネットワーク)を使っていますが、日頃から検索連動型広告とは違うなと感じています。

もちろん条件によって変わりはありますけど無料とかお試し系とかはdspでコンバージョンがよく取れる……。

なんで違いが出るんだろうな~なんて考えてみましたがインターネットでの閲覧行動や検索の行動と照らし合わせてみるとたしかに合点のいく事でもあります。

検索→探したいものがある、目的がはっきりしている。
dsp→あくまでも受け身、今すぐ必要性を感じていない。

つまり、dspユーザーは今すぐ必要だと感じているわけではないからリスクが低かったり、リスクのないお得な情報であれば興味を示すのではないかと。

こういったところから考えると、きちんとターゲティングしたうえでの話ですが、サンプル配布や無料セミナーとかの集客はやはりdspは効果的かと。

かといって高額商品がdspに向かないというのはまたちょっと違いますよね。

dspにもターゲティングの種類があり、ウェブサイトへの再訪を促すリマーケティングなんかだと、検討期間の長い高額商品などには最適です。

一度見てもらった自社の商品に対して「覚えておいてもらう」「思い出してもらう」という働きかけをしていくのは非常に有効ですし、見込み客とのタッチポイントを増やすというのは非常に重要なことですし。

上記のようにdspがものすごく威力を発揮するケースというのは普段のビジネスの中でも結構あって、「ネット広告=検索連動型」みたいに思っていると、お客様を取りこぼしにも繋がります。

もちろん何でもやればいいわけではありませんが、広告へ出す商材やビジネスによって、どんな媒体が合うのか検討することは必要ですし、その際には媒体の特長をきちんと理解し、どういうユーザーにリーチが出来るのかを把握することが重要です。

特長を把握した中で、予算配分やメッセージの伝え方を変えていくと、今よりももっと効果的な広告活動が出来るのではないかと思いますよ。

株式会社アイエムシー 大塚雅智

100社以上の広告運営経験からお問い合わせ数増加に繋げる次世代型メールフォームを開発!

手間なく、すぐに始められる!費用対効果の高い「リスティング広告運用」サービス
サービス   特徴   費用   その他   実績   会社案内   実践メモ
  • ECサイト専門 リスティング広告運用サービス ECサイトならではの「キーワード選定」「アカウント構造」「広告文」でターゲットユーザーを取りこぼさない!
  • ビギナー向け リスティング運用代行サービス 毎回対面で丁寧に打合せ 1社1人専任制 御社と二人三脚で運用
リスティング広告 メルマガ
コンバージョン率は本当に上がるの?キーワードはどのように選んでいるの? 気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。
 お電話でのお問合せ
 メールフォームでのお問合せ
03-3839-0888(東京)
022-728-9974(仙台)
(月~金) 9:00~18:00
無料相談
カテゴリー: リスティング広告運用の考え方   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。